2013年03月19日

東児が丘(3/18)

OUT56(22)&IN50(21)計106(43)


とにかく何やっても全部ダメな日で、自分に腹が立ってムキになってドライバーを振ったラウンド。最後まで気持ちが乗らず、気の抜けたアプローチや適当なパットを打ったりすることもしばしば。弱ぇー。雨が降ったのは残念。



あと3番のPAR3でのこと。Tショットをひっかけてグリーン左奥へ→キャディさんも「ボールはあるでしょう」ということで打ち直しもしないでグリーンへ→結局OB→キャディさん「その辺の打ちやすいところからワンペナで打って」と。

結局、戻って打ち直しするのも時間的に迷惑だろうし、特設ティもないし、ローカルルールにもない「その辺の打ちやすいところからワンペナ」という軽い救済は納得いかなかったので、ボールが出たあたりから4打目で打ったけど。

これはテンション下がったな〜




posted by シーバ at 14:37 | 東児が丘マリンヒルズGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月20日

「東児が丘」の反省(7/16)

石川遼くんツアー初優勝の地、「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」でプレーしてきた。

ここは基本的にメンバーの紹介がなくてはプレーできないところだけど、オープンコンペならひとりでも参加可ということで、ヨネックスのコンペに参加してみた。

コースは始めてプレーしたけど、KSBカップの観戦で18ホールを2周ほどギャラリースペースを歩いた事がある。だから今回もプレーしながら、コースレイアウトは何となく思い出せたのがよかったね。

プレー自体は、「初めての東児が丘」を楽しみにしてたということもあって、1打1打集中できた。1番ホールから3連続パーの好スタート。4番でOB打ってトリプルだけど、前半は44とまずまずの折り返し。

後半はなかなか良いスコアが出なかったけど、どうにか50だけは打たないペースで進行。INコースは左ドッグレッグが多い。スライサーには厳しいね、あと、もしやり直せるとするなら、17番のハニカミホールと18番最終ホールだな。

17番は奥の「ハニカミバンカー」じゃなく、グリーン手前の、自分の身長よりアゴが高い「壁にしか見えないバンカー」につかまってしまった。ティショットでピンを狙い過ぎたね。(ちなみにピン位置はどのホールも「最終日」と同じ)

18番はセカンドでグリーン付近を狙ってしまい池ポチャ…でダボ。無難に攻めてたらパーは獲れたのに。

結局後半49でトータル93。なんとかシーズンベスト。ここからスタートの気分だね。

ちなみに、現行ドライバー「BURNER」ではいちおう最後のプレー。次からはニュードライバーの「R9SUPERDEEP」だなー。楽しみ。

posted by シーバ at 00:29 | 東児が丘マリンヒルズGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月06日

お次は…

次のラウンド予定は、あの名門中の名門コース、「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」。石川遼Pがツアー初優勝を飾ったところだ。

ラウンドすると言っても、もちろんメンバーな訳ないので、誰でも参加できるオープンコンペで。

「東児が丘」ではもちろんプレーしたことはないけど、08年のKSBカップの観戦で、2周くらいコースを歩いた事がある(もちろんギャラリーエリアだけど)。だから行けば何となく思い出すかもしれないね。

「和気」のような手つかずの大自然コースも、「霞橋」のような歴史あるリンクスコースも、外資系コースもいろいろ経験したけど、こういう名門コースもたまには回らせていただかないとね。

しかもオープンコンペなんて始めてだ。いったいどんな感じなんだろう…。

posted by シーバ at 00:43 | 東児が丘マリンヒルズGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。