2010年05月23日

「笠岡CC」の反省(5/22)

初めて行くコース、「笠岡カントリー倶楽部」でラウンドしてきた。

行きがけに車の窓から見た時点で思ったのは、「ここはアップダウンがはげしいな〜」ということ。実際プレーしてみると、「ここはアップダウンしかないな(平らなところがない)」と断言できたね。

ティインググラウンドからはピンが見えないトリッキーなホールが多い。打ちあげ打ちおろしは当たり前で、しかも全ホール左右OB。「見ためが狭いホール」が多かったなー。

さらにはグリーンにも平らなところが一切なくて、スピードは遅めなんだけど、傾斜を読むのが難しい。まぁこれでスピードまで速かったら涙が出そうだけどね。とにかく、カップの真下から上りのパットで狙わないと、今のレベルではワンパットではまず入らないなぁ。

とにかく、ひとことで言うと、「難しい!」

でも、ドライバーは調子良くて、パー3以外の14ホールすべてで、ドライバーを信じて使ってみた。OBもあるけど、悲しいくらい曲げてのOBじゃなかったから復調してきてるね。飛距離も出てたし。

前半はパーとボギーを繰り返し、「きょうはハーフ30台が出るかな〜?」と思ったら8ホール目で「10打」…。そこから目標を「100切り」に下方修正。

混み混みでハーフ3時間越えながらもどうにか47で折り返し。

午後はいまいち調子がかみ合わず、苦しい展開が続いたけど、上がり2ホールが連続パーで52。トータル99で、どうにか100切りを取りもどすことができた。

しかし、やっとブランク明けで今シーズンのスタートラインに立った感じだね。ここからはガンガン行かないとね!

あと、「ハーフ40切り」もそんなにむちゃくちゃ手が届かないものでもない…という気がした。

また頑張ろう。



posted by シーバ at 18:20 | 笠岡カントリー倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。