2010年11月03日

「吉備カントリークラブ」の反省(10月31日)

INスタート。

天気は前半は無風の曇りで、半袖でもプレー可能なコンディション。後半は雨が降り肌寒かったな。天気予報では降らない予報だったから、よけいにびっくりだ。

ティショットの調子は良かった。

ドライバーはOBが1回と技術的ミスが2回あるけど、それ以外はほぼまっすぐ飛んでFWを8回キープ出来た。それ以外の7回もラフではあるけど、曲ってじゃなく飛びすぎてラフに入ったとかなので、ほんと調子が良かったね。

ただ、それだけティショットが良かっただけに、セカンド、アプローチ、パットが残念…。特に前半。セカンドは距離感が合わずアプローチやロングパットを残すという展開。

ショット自体は悪くなかった。距離感の問題。それとも「表示杭」の解釈の違いなのか…。このあたりは、少し謎な部分でもあるんだよね。

魔の16番ホールは、ティショット完璧、セカンドもレイアップで100yほどまっすぐ打った。なのに行ってみたらボールがない。探してもない。あまり時間かけ過ぎてもいけないのでロスト扱い…。もうこのホールは気持ちが切れちゃって、結局10打…。痛かったしもったいなかったなぁ。前半は49…。

でも後半は40以下を出そうと意気込んで、バーディも2個取った。ただ、パーがなかなか取れず結局43。トータル92でフィニッシュ。次こそ80台出そう!

あ、目土ボトルはすごく役に立ったな〜。





posted by シーバ at 01:00 | 吉備カントリークラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月31日

「吉備カン」の反省

スコアは113。なんだかだんだんヘタクソになってきてる? もしかして…。

とにかく2打目・3打目が全然だめ。今までいったい何を練習してきたのか…という気分になるね…。もっと「中洲」で特訓せねば!

パターもまだまだ練習が必要。でも今年の夏ごろと比べると、距離感とラインがちょっとは読めてきたかな?

ドライバーは思いきって振れた。思いきったときの方がまっずぐ強く跳ぶね。新しく買ったFWウッドもいい仕事してくれた。今後の秘密兵器になりそう。別に秘密じゃないけど…。

そして、きょうのコースはバンカーがデンジャーゾーンだった。小砂利で、しかも砂のすぐ2センチ下は固い地盤。52°のウエッジだとバウンスが効き過ぎてトップばかり…。これからは、固い地盤のデンジャラスなバンカーは、勝手に「トップ・ガン・バンカー」と呼ぼう。

でも、バウンスが薄く作られている58°だとちゃんと脱出できた。こんな砂質の時は、52°で普通に打つか、58°でロブショットするのが脱出の方法…と気づくのが遅すぎたね…。でも勉強になった。

ちなみにきょうは、奥さんと義父とプレー。奥さんはコースデビューで、スコアは「打ちきりルール」なしで167。なかなかいいんじゃない!? しかもパーを1つ獲ったしね!

それに時々、すごいパットのセンスを見せる。アプローチでも、青木功ばりに、グリーンの傾斜を利用してピン横10センチに近づけたりと、ミラクルの可能性持ってるところが妬けるねぇ…。僕はそんな強運の星には生まれてないから、凡人は頑張って努力するしかないね…。

義父も90を切る実力があるけど、きょうは振るわなかったみたいで109叩いてた。どっちにしろ僕は負けちゃったけどね。

  

posted by シーバ at 16:49 | Comment(2) | 吉備カントリークラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。