2013年06月11日

新兵器2番UT

FWもいいんだけど、やっぱりインパクトでヘッドがスクエアに帰ってくるイメージが沸きにくく、本番でもミスが多いうえに飛距離にもばらつきがある。なので、シャフトもFWより短くてヘッドもコンパクトなUTにしてみたら扱いやすいかなと。

中古で5000円くらいのがないかなーと、パートナー的ゴルフショップで探してたら、ちょうどいいのがあった。そのショップには現物がなかったんだけど、系列店から取り寄せてもらった。

NIKE VR PRO ユーティリティ 2番(18°)

ヘッドカバーなしで6200円。やや予算オーバーだけどまあ許容範囲。

vrprout2.jpg

スペック

spec_vrpro_utility.jpg
(別ウインドウで開くと拡大)


実は同じUTの3番(21°)を持ってる。なのでクラブセット全体の繋がりも良い。シャフトも同じくNS950GH、フレックスはS。

ウエイトフローもばっちり。

weight130605.jpg
(別ウインドウで開くと拡大)


打ってみると、3番UTと同じ感覚で振れるので違和感なし。すぐに実戦に持ち込める。高さは練習場のボール中低弾道。実弾ならもう少し高く上がりそう。方向性も良い。

飛距離はたぶん220〜230ヤードくらいじゃないのかなーと(予想)。

ただ、シャフトはアイアンや3番UTと同じNS950のSなんだけど、スチールシャフトは振っていくうちにだんだんこなれてきて、自分のスイングになじんでいく気がする。

なので、シャフトをなじませるためにはまだまだ練習しないとダメかな。

ナイキ ゴルフ ヴェイパー プロコンボ アイアンセット 6本組 (5-P) NSプロ 950GH スチールシャフト NIKE VAPOR COMBO ベイパー【ナイキ】【ゴルフ】【ヴェイパープロコンボ】【アイアン】【ベイパー】【IRON】 - アトミックゴルフ
ナイキ ゴルフ ヴェイパー プロコンボ アイアンセット 6本組 (5-P) NSプロ 950GH スチールシャフト NIKE VAPOR COMBO ベイパー【ナイキ】【ゴルフ】【ヴェイパープロコンボ】【アイアン】【ベイパー】【IRON】 - アトミックゴルフ


posted by シーバ at 13:17 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月07日

ニューパター

パターを変えよううかどうしようかとしばらく悩み中のところ、三田のアウトレットのキャロウェイショップで良いのを見つけてしまって思わず購入。

そもそも僕のパッティングスタイルは…
@まっすぐ引いてまっすぐ打ち出したい
Aボールを左寄りに置きたい(利き目の問題?)
Bトゥが効き過ぎのパターは引っかけ癖が出る

と言うことで、今使ってるピン型がまったく合わないんじゃないかという結論に。ずっと使い続けてて今さらだけど…。

で、これらのパッティングスタイルにバチッとはまるのはもしかしてオフセットゼロの「センターシャフト」じゃないかなと。

ということでこれ。

ODYSSEY METAL-X #5 CS

putter_1367578188077.jpg

ショップのマットで試打してみるとポコポコ入る。引っかける心配がまったくない。ヘッドは完全なフェイスバランスではなく、ややトゥが下がった絶妙なバランス。なので押し出す心配も少ない。

家に帰って練習マットで試してみても、まっすぐ転がりポコポコ入る。もう1〜1.5mの距離が怖くない(あとはコースのグリーンで自分の構えがまっすぐであればの話だけど)。

しかし道具で転がりはまったく変わるもんだね。あまりにおもしろくてGW中はずっと転がして遊んでた。


おまけ

今使ってるシューズが歩いていると足が痛くなるので、こちらも新調。キャロウェイのウィングチップタイプのシューズ。ウィングチップのシューズは前々から欲しかったのよね。

shoes_1367651007769.jpg

ちなみにこのシューズの素材は株式会社クラレ(本社倉敷市)の「クラリーノ」だった。なんだか身近に感じる。

タグ:METAL-X
posted by シーバ at 12:40 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月21日

ウェイトフロー(2013.3.21現在)

DGシャフトが刺さったウエッジを以前使ってたNSシャフトのものに戻した。ヘッドはまったく同じ52と58。

そもそもPW(NS950)と52°ウエッジのシャフトの長さがそんなに変わらないっていう。となるとDGでは重すぎたのかも。よくダフってたし。「ウエッジは重いシャフトでゆったり」とはよく聞く話しだけど、人それぞれかも。

weight130321.jpg


posted by シーバ at 11:45 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月23日

Rawlingsのパター

ずいぶん前(2009年7月)に、津山GCのワンオンチャレンジでゲットしたパター。ずっと眠らせてあったけど、ちょっと暇だったので復活させてみた。


まずは古いグリップを剥がし、錆び気味だったシャフトとヘッドをメタルクリーナーで磨き上げる。つや出し剤で仕上ると、くすんだ灰色で汚かったヘッドが、顔が写り込むほど艶やかなクローム色に。びっくりした。

Rawlings1.jpg

次に、34インチと長すぎるシャフトを32インチくらいにカット(特別測った訳ではなくだいたい適当に)。ショップでは工賃が約1000円かかるそうだが、義父が持ってた金(かな)切りノコで切ってもらった。

そして、事前にネットでポチってたグリップを装着。グリップはGolf Prideのツアークラシック(公称84g±3g)。わりと重量があり太め。パターのグリップなので、神経使いながら慎重に挿入。で、完成。

Rawlings2.jpg

Rawlings3.jpg

グリップのGolf Prideのロゴは主張し過ぎる感があるので、あとで赤いマジックで塗ろうかな。




ところでこのパター、野球メーカーでおなじみの「Rawlings」製。ゴルフ用品ではちょっと珍しいかも。

調べてみると「ケン・ジアニーニ」というパターデザイナーが、ローリングスからいくつかパター出しているみたい。でもこのパターにはその刻印はないから違う。

ちなみに…
Rawlings-KG-101.jpg

Rawlings-KG-105.jpg
※こちらは本物の「Rawlings Ken Giannini KG-101(写真上段)」と「Rawlings Ken Giannini KG-105(写真下段)」

もしかするとローリングス社がケン・ジアニーニのパターを元にした量産型コピー品(…かどうかは勝手な想像)。



ちなみに、ヘッドはピン形状で面長フェイス。スワンネックでほぼフェイスバランス。ソール側には「Rawlings」のロゴと「MVP-101 MILLED FACE」の刻印。フェイスはミルド加工されている。

Rawlings4.jpg
Rawlings5.jpg
Rawlings6.jpg

Rawlings7.jpg

よく見るとなかなかかっこよかった。



ちなみにこのパターとカスタムにかかった値段は…

・パター本体…0円(1onチャレンジ代1260円は義父のおごり)
・シャフトカット…0円(DIY)
・グリップ…880円(商品680円・送料200円)
・グリップ交換…0円(DIY)

合計880円


時々、気分転換で使ってみよう。


posted by シーバ at 12:00 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月26日

ウェイトフロー(2012.09.26現在)

R11フェアウェイウッド#4のASPの裏に1gほどウェイト貼り。

普段「N」ポジションなので「O」の裏(ネック側)に貼って、少しでもフェイスを返しやすく。ミスする時はいつも右だから。

ウェイトフロー最新番。

weit120926.jpg

※別ウィンドウで開くと拡大


タグ:R11 FW
posted by シーバ at 09:06 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月19日

ウェイトフロー(2012.9.19現在)

今日は朝っぱらからUTにウェイト貼り。

最近、UTに対してそうとう「気合い」を入れないと振れなくなってきた。フェイスは戻らないわヘッドは重く感じるわで。

他のクラブと同じように気合いを入れないで振りたい。

ということで、ソールのヒール寄りのバックフェイス寄りに0.6g。ヘッドが効き過ぎてさらに重く感じそうなので、シャフトのグリップ寄りにも1gほど。

で、ウェイトフロー図の最新版。

weight120919.jpg

若干UTのポイントが上がってグラフがでこぼこになったけど、あまり気にしない。

効果の程は謎。いきなりラウンドで試してみようかな。


posted by シーバ at 09:12 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月24日

ウエイトフロー(5/24現在)

R11 4番FWに鉛を3gほど貼ってウエイトを調整(349.5g→352g)。

最新のウエイト表はこうなった。

weight120524.jpg

※別ウィンドウで開くと拡大

いままでと比べて、ウッド〜アイアンまでのラインが一直線に。


貼った場所はクラブのソールにある「ASP」と呼ばれるフェイスアングルを調節するところ。三角形のおにぎり型の座布団。あれを外してその内側に鉛シールを細かく切ってペタペタと。

ASP.jpg

何でそこに隠したかって言うと、クラブのデザインを損ないたくなかったから。

まだボール打ってないので、貼る場所が弾道に与える影響として適切かどうかは謎。バランスも変わるだろうけど特に気にしていない。

でも、クラブの見た目は損なわれてないからけっこう気に入ってる。


posted by シーバ at 09:42 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。