2013年08月16日

岡山GC帯江コース(7/27)

OUT47(17)&IN48(17)計95(34)

初めての帯江コース。ここは元々は昭和5年にできた、現在の霞橋ゴルフ倶楽部から派生したコースということで歴史も古く、昭和28年帯江銅山の跡地に誕生。このコースをほぼブルドーザー1台で切り開いたというからすごい。決して広くはない土地に道路やカート道などを立体交差させながら、巧に18ホールを配置したまさに箱庭的コース。各ホールは松林でセパレートされ上空もハザード。グリーンも砲台のため正確なショットが必要。噂には聞いていたけど、一度来るとなかなか虜になるコース。

ogc_0727_1.jpg

普段はもっと中庄の街並みが見えるはずの名物ホール。この日(というかここ数週間)はずっと空が霞んでる。


プレーはというと、ティショットが乱れ気味でラフや松林に飛んで行くことが多かった。アイアンやアプローチはそこそこ調子良かったので何とかなったという内容。それだけにティショットがもったいなかったな。結局すごく普通のスコアに。

お昼は中華丼をオーダー。おいしかった。石焼きで熱々。

ogc_0727_2.jpg


ぜひまた来たいコース。今度はもうちょっとコースを勉強して来よう。




posted by シーバ at 14:53 | 岡山ゴルフ倶楽部 帯江コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。