2012年04月14日

プレーファースト(1)

プレーファーストについて、自分に対してのおさらいという意味も込めつつちょっとずつ書いていこう(最近僕もたるんできてるからなー)なんて。


(以下、あくまで個人的に思うこと)



まず、なんで進行を急ぐのか、ということ。何でだろう? なんで?

早いと単純にゴルフ場が得するから?



「ゴルフ規則」<第1章 エチケット コースでの心得>にもなんたらかんたらと書いてあるように、プレーファーストは、自分も他のプレーヤーもみんなが楽しめるようにするための、心配りのひとつなんじゃないかなと。

自分がゆっくりプレーして、それが楽しいゴルフでも、待たされる同伴者や後続組は楽しくないかもしれない。数組のコンペをしていて、前の組が早く上がってから、ずーっと待たされるのは楽しくないかもしれない。もちろん、ゴルフ場もお客の回転が悪くなるので楽しくないかもしれない。(おそらく)



同じく「ゴルフ規則」に、プレーのペースについてもなんたらかんたら書いてあるけど(長いので省くけど)、個人的にどうやったらプレーファーストできるかどうかは「準備」につきるんじゃないかな〜?と思う。

★ゴルフに行くまでの準備
★プレーをするための準備
★コース上での準備

それぞれの「準備」についてはまた細かく別れていて、考え方やテクニックもあるんだけど、それについてはまたおいおい…。



あと、よく言われるのは「走れ走れ」ということ。ゴルフ始めたての人がよく言う「ゴルフって優雅なイメージだったのに、こんなに走るとは…」というセリフ。これらはたぶん、上記の「準備」がある程度できたら、コース上で「そんなに走らなくてもよい」と個人的には思う(あくまで個人的)。でも時にはちょっと小走りしなくてはいけない場合もあるとも思う。その何となく目安的なものは…

★PARペースの人…さっそうと歩けばよい
★BOGEYペースの人…大股の早歩きでよい
★ダボペースの人…次打地点まで急いだほうがよい
★トリプル以上…全てのショットで次打地点まで急ぐべき

※これらはあくまで「準備」ができているという前提
※ダボやトリの人がゆっくりだと、PARやBOGEYペースの人が急がねばならない
※中にはPARやBOGEYペースでも「準備」が悪くて遅い人もいる
※中にはダボやトリでも「準備」がしっかりしていて早いひともいる
※もちろんカートを使った方が早い場合は、PARペースの人も乗ったほうがよいのは言うまでもなく


ちなみに僕は、PARからトリプル以上までスコアが幅広いので、コースではさっそうと歩いたりせかせかと走ったりしなくてはならない。


ということで、楽しく「歩く」ゴルフをするための「準備」はまた今度書くことにしよう。(覚えてたら)




posted by シーバ at 17:05 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月29日

グリーン上の時間

最近のパター練習は、約1mの距離をコツコツと。

でも練習内容ではなく時間のことについてふと思ったこと。


自宅練習で、1mちょいの距離を転がしてはボールを取りに行き、元の場所にセット。そしてまた転がして…と連続30球もやると、約10分は経過する。

30パットというと、アマチュアではかなりのパターの名手。平均を36パットとするともう少しかかる時間も増える。しかもすべて1mの距離から打つなんてありえないので、時には5mとか、10mとかもある。その都度マークもするし、ボールも拭くし、ラインも読むし、歩く距離が長いほど時間もかかる。だからひとり1ラウンドで、パターだけで30分以上はかかるんじゃないかなと(あくまで予想)。

これがコースを4人でまわるとなると、パターだけで2時間以上かかるので、ラウンドの半分はグリーン上でかかった時間と言えなくもない(計ったことないから正確には知らないけど)。


なので、よく言われているように、他の人が打ってる間にラインを読み、打ち終わったら(ボール転がり始めたら)自分も歩いてボールをセットし、読んだラインにしたがってすみやかに打つ、というのが大事だな。

プレイファーストを心がけるには、実はスルーザグリーン内ではなくグリーン上が占めるウエイトが大きいのではないかと。


なんて(僕もそんなに早くないけど…)。


posted by シーバ at 18:23 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年12月21日

カートリーダー

「カートリーダー」。セルフプレーでカートをリモコンで誘導するプレーヤー。世間的にどういう呼び名か知らないけど、勝手にそう呼んでみた。


真のカートリーダーになるために…

@お偉いさんや初心者さんに持たせない

A全体的にスムーズな進行になるように人とカートの動きに気を配る

B他の人がショットする時は止める

C他の人がカート動かしても気にしませんよという場合はガンガン動かす(あまりに近い場合は止めるけど)

Dブラインドホールの2打目地点では全員が打ち終わるまでティインググラウンドから見える場所に駐めておく(打ち込まれないように)

Eグリーンにあがる頃には必要なクラブを抜き取ったあと奥の所定の場所に駐めておく

F前の組にティインググラウンドで追いついた時は邪魔にならないよう適度な距離を保って駐める

G他の人がカートリーダーやると言った時は遠慮なく「どうぞどうぞ」と言う(笑)

他にも細かいことはいろいろあるだろうけど、だいたいこれができたらカートリーダー(個人的見解)。たまにプレーに集中しすぎてしまい、カートのことを忘れて「あ、カートがあんな後ろに!」なんてこともあるけども…。


あと、エンジン式の手動運転のカートについては、上記のことにプラスしてやはり「安全運転」。死亡事故もおきてるし。

下り坂なんかはいきなり重力にまかせて惰性+フットブレーキで降りるよりは、スタート時に「チョン」とアクセル踏んでエンジンをかけて、それから惰性+フットブレーキで降りるほうが、エンジンブレーキが効いて減速できる。これ知ってるだけでもけっこう事故は減らせそう。


posted by シーバ at 18:22 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月23日

プレーの「はやさ」とは?

プレーの「はやさ」とは何なのだろうか…?

きょう「JFE瀬戸内海ゴルフクラブ」でラウンドしてきた。1カ月前から予約を取り、楽しみにしていたすばらしいコースでのラウンド。天気も良く前半はとても楽しく、スコアもそこそこに終了。

お昼を食べて後半も楽しみだな〜と思ってスタートした矢先、同伴者(以下Aさんとしよう)からいきなり…「プレーが遅い!」って言われた…。前半楽しくラウンドしてのいきなりだったので青天の霹靂状態…。僕が「いや、そうでもないでしょ?」と言うと、「いや、遅い!」の一点張り。何だかカチンと来るし、もうそこからはイライラして調子を崩し、後半のゴルフはボロボロだった(そこまで遅いと言うなら…と構えて1〜2秒くらいで打っていたため)。せっかく1カ月も前から楽しみにしていたラウンドなのに…。1万円以上も払って僕は腹を立てるためにゴルフ場に来てるのではないのだ。

そもそも僕がカチンときたのには訳がある。本当にプレーが遅いのなら、「すみません、もっと早くプレーします」と謝っただろう。でも僕はゴルフを始めた時に「技術よりまずマナー」と思い、初めて買ったゴルフ本が「ピーターたちのゴルフマナー(鈴木康之著)」。マナーやエチケット、プレイファストの方法、プレイヤー同士がお互いに気持ち良くゲームをするすべが書いてある。この本でゴルフの「作法」を知り実践してきたし、まだまだ未熟とは言えプレイファストは心がけている。ゴルフを始める者の入口としては自分は正しかったと思っている。だからこそ「プレーが遅い!」にはカチンときた。そんな事を言われる筋合いはないから。

これには「はやい」という意味の理解の仕方で、Aさんと僕に違いがあるように思う。僕は「同組、さらにはコースにいる他の組も含めた全体の進行を見渡した早さ」を意識している。「早さ」というより「手際良く行動する」という感じかもしれない。そのためには何をするべきかは解っているつもり。Aさんの「はやさ」とはおそらく「速さ」。構えてからすぐ打てという類のもの。手際良く行動しろではなく「せっかち」に行動しろという意味の「はやさ」なのだろう。

決して僕のルーティンも遅いわけではない。際立って早くもないけど普通だと思う。打つ動作に入ってからおそらく20秒前後で打ってる(ドライバーのティショットはもう少し長いけど…)。もしそれが遅いとしても、自分のルーティン時間を確保するために、そのほか(ショット以外)の動作を効率良く行っている。Aさんの場合は「そのほかの動作はゆっくり、打つ動作に入ってから速く」という感じだろう。

お互いにゴルフが好きだし「プレイファストを心がける」という気持ちには変わりがない。ただ「はやく」しているポイントが少し違うだけ。だからAさんの速さもそれはそれで良いと思う。なのにAさんとしては、「自分は速く打ってるのに他はみな遅い!」となるわけで、他のみんなもプレイファストを心がけている、というのがわかってもらえてないのが悲しい。

そこまで理解が違う、というか、他の人の気持ちも解ってもらえないのであれば、Aさんをお誘いするのはしばらく見合わせないといけないかもしれない。Aさんとしても「遅い」プレイヤーと一緒にゴルフしても楽しくないだろうし。他の人も気持ち良くないし。

まぁでも遅いと言われるのであれば、やっぱり僕もまだまだ遅いんだろう…。手際良く行動し、さらに素早く打てばさらに速くなるだろうし。そのあたりを意識して練習しよう。それに、そんな事でラウンド中に腹を立ててる僕は、やっぱりまだまだ未熟者だなぁ…。


posted by シーバ at 19:04 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。