2011年05月27日

合掌パタードリル

今週の『週刊パーゴルフ』に載ってた、遼くんのパッティング記事がとても参考になった。

詳しくは省くけどざっくりと以下。


@頭を残してヘッドを加速

A打った後も2秒は顔を残す

B両手を合わせたパター練習


記事の中で@とAは改めて再確認できてよかった。特にBはとても参考になったね。

両手を合わせてグリップを挟んでパッティングのストロークをする、という内容。これによって手打ちではなく、肩を使ったストロークが意識できる。腕も、肩・肘・手で作る五角形(記事中は三角形)が崩れないというメリットも…といった内容。

実際やってみると、大胸筋やお腹の筋肉が意識できて、ゆったり大きな動きになる。手を合わせている事で、フェイスのスクエアがイメージしやすく、手首でこねたりする動作が制御される。

で、勝手にこれを「合掌パタードリル」と命名。

最初はまっすぐ転がせなかったけど、馴れてくると、ほんとにこれでラウンドしようかな?と思えるほど(遼くんも記事にそう書いてるね)。

このドリルをしばらくした後、いつものグリップ(僕は逆オーバーラッピングの右手人差し指のばし)に戻すと、ほんとにストロークが良くなり、手首の無駄な動きもなくなった。何球かに数回出ていた「ブレ球」もほとんど出なくなった。あと、グリップがほどよく脱力できたね。

このドリルはしばらく練習メニューに入れておこう。

あと、これはちょっとした空き時間や、会社でトイレに行った時など、いつでも「エア合掌」できるお手軽さがいいね!





posted by シーバ at 13:06 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。