2013年05月20日

ベ・サンムン、PGAツアー初優勝

「HPバイロン・ネルソンチャンピオンシップ」で、ベ・サンムンがPGAツアー初優勝。

まだ上がり2ホールしか朝の中継で見てないけど、キーガン・ブラッドリーとの一騎打ち状態のなか、「攻撃こそ最大の防御」と言うにふさわしいゴルフの内容だったな。

17番PAR3、ティショットは池越えのピン方向狙い(結果、池を越えたギリギリに着弾)。キーガン・ブラッドリーはティショットをグリーン奥に外しボギー。ここで2打差。

18番PAR4は2位と2打差あるにもかかわらず、左は池で右は林のホールをドライバーでティショットしてFWキープ。グリーンは手前と左が池で、左サイドに切られたカップ。通常ならグリーン右サイド狙いの安全策がセオリーだけど、ベ・サンムンはドローで狙いピン手前に着弾。ここで勝負あり。そしてバーディパットもカップを50〜60cmはオーバーするほどの強気(まあ2打差あったからだろうけど)。

しかしベ・サンムンと言えばステディなゴルフをするイメージなのに攻撃的なのは意外。よほど調子が良かったのかな。

しかしゴルフで「攻撃こそ最大の防御」が出来るのは、その技術と、その時その精神状態にある者だけができることだな。そうでない者がやるのは勇敢ではなくただの無謀なのかも(バランスが大事)。



posted by シーバ at 13:53 | プロゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月17日

ワキ

4月あたま頃からスイングを改造しはじめて1カ月。主にグリップの見直しと、フラット過ぎたスイングをもっとナチュラルに(意識としてはアップライトに)、というのが大きなテーマ。細かい変更点もいろいろ。

特に最近は、フライングエルボーとまではいかないけど、トップで右脇を少し空けるようにチェンジしてみたり。フラット過ぎるスイングをアップライトに直すにはちょうどいい。

よく右脇にグローブを挟んで落とさないようにバックスイングするドリルがあるけど、あれとは反対の考え方。右脇にゴルフボール1個分くらい空ける意識にしている。その方が左腕を意識して高く上げようと頑張るよりも楽なんだな。

もちろんインパクトに向かうまでには、右脇は胴体にくっついている。

マスターズを制したアダム・スコットだって、どっちかと言うとトップで右脇が少し開くタイプの選手に見える。タイガーなんかは逆で、右脇をピッタリ閉じてるけど。



しかしスイングをちょっと改造するつもりが、けっこう大がかりなことになってきたな。でも今のところうまく行ってる。さらに反復して筋肉記憶を定着させよう。

あと、フィニッシュでも左脇が開くように変更中。左腕と左脇腹が作る角度が、90度になるくらい大胆に空ける。体もしっかり回して。これは球筋うんぬんよりも、ビジュアルの問題で。左脇を閉じてフィニッシュすると、どうも女々しく見えるから。どうせならかっこよく見えるほうが良いし。

posted by シーバ at 16:45 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月15日

北ゴルフのスタッツ(5/6)

まあひどい内容のスタッツ。
GDOハンデは25のまんま。

stats130506.jpg


posted by シーバ at 09:06 | スタッツ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月09日

北ゴルフ(5/6)

OUT50(17)&IN56(20)計106(37)

新しいパターとシューズを買ったので、早めに行って慣らし運転しようと、スタート1時間30分前に到着。

kita_green.jpg

このコースはいつもグリーンが適度に速く、転がりが良くて気持ちいい。


早く到着すると18番グリーンではこんな光景が。

kita_sansui.jpg

スプリンクラーで散水。なかなかきれい。そういえば今日はお天気最高。

kita_roller.jpg

そしてローラーかけ。ちょっと乗ってみたい。

しかし、これを18ホールやると考えると、なかなか大変な仕事だなあ。



ラウンドはというと、この日はアイアンの距離が(飛びすぎて)合わず、レイアップしたら届かないはずのバンカーに入ったり、グリーンを狙うショットも奥からのアプローチやロングパットばかり。

なのでパット数も1パット5回、3パット6回とグリーンを外す、もしくは長いパットだったということを表している。ピン位置もなかなかシビアで難しかったな。おもしろかったけど。

新しいパターは、まだ距離が合わない部分もあるけど、ショートパットがとても楽に打てた。引っかけミスは一度もなかったし。パット数は悪いけど、数字以上に収穫があったな。今後に期待。


ラウンドではなかなかPARが取れず、ボギーボギーのラウンド。そんな中、時折ポロッと出るサンドバッグ状態の大叩きホール。ほとんどOBによるものだけど、バンカーのアゴに跳ね返ったのがカートに当たったり、OBした後の暫定球もロストしたり(これもアイアンの飛び過ぎが原因)。何だかんだでまた3桁。

なかなか練習の成果が出ないなー。


練習と言うと、全体的にちょっとトップ気味のミスと、4アイアンで引っかけが出てたのでそのあたりを修正しよう。


posted by シーバ at 08:57 | 岡山北ゴルフ倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月07日

ニューパター

パターを変えよううかどうしようかとしばらく悩み中のところ、三田のアウトレットのキャロウェイショップで良いのを見つけてしまって思わず購入。

そもそも僕のパッティングスタイルは…
@まっすぐ引いてまっすぐ打ち出したい
Aボールを左寄りに置きたい(利き目の問題?)
Bトゥが効き過ぎのパターは引っかけ癖が出る

と言うことで、今使ってるピン型がまったく合わないんじゃないかという結論に。ずっと使い続けてて今さらだけど…。

で、これらのパッティングスタイルにバチッとはまるのはもしかしてオフセットゼロの「センターシャフト」じゃないかなと。

ということでこれ。

ODYSSEY METAL-X #5 CS

putter_1367578188077.jpg

ショップのマットで試打してみるとポコポコ入る。引っかける心配がまったくない。ヘッドは完全なフェイスバランスではなく、ややトゥが下がった絶妙なバランス。なので押し出す心配も少ない。

家に帰って練習マットで試してみても、まっすぐ転がりポコポコ入る。もう1〜1.5mの距離が怖くない(あとはコースのグリーンで自分の構えがまっすぐであればの話だけど)。

しかし道具で転がりはまったく変わるもんだね。あまりにおもしろくてGW中はずっと転がして遊んでた。


おまけ

今使ってるシューズが歩いていると足が痛くなるので、こちらも新調。キャロウェイのウィングチップタイプのシューズ。ウィングチップのシューズは前々から欲しかったのよね。

shoes_1367651007769.jpg

ちなみにこのシューズの素材は株式会社クラレ(本社倉敷市)の「クラリーノ」だった。なんだか身近に感じる。

タグ:METAL-X
posted by シーバ at 12:40 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月02日

デビッド・レッドベター「100パーセント・ゴルフ」

少し前、家でめったにしない素振りをしてた時、たまたまガラスに映った自分のスイングがあまりにも酷かった。ずっと同じように振ってたつもりでも、知らないうちに楽しようとしてる。スイングがどんどん浅くフラットに。

これは一度基本にかえる必要があると思い、押し入れで眠らせてた本、デビッド・レッドベターの「100パーセント・ゴルフ」を引っ張り出してみた。ゴルフを始めた当時に彼のレッスンDVDを買って勉強してた。なのでデビッド・レッドベターさんは僕の師匠みたいなもん。(勝手に師匠とか言ってるけど、この人にコーチを受けた人たちはアーニー・エルスとか、トム・ワトソンとか、ニック・プライスとか、最近ではミッシェル・ウィとか超大物)

この本もその当時に買った本だけど、DVDではよく理解できても、本になると書いてある事が難しくてよく理解できなかった。それで、あまり読むことなく押し入れに…。でも今読んでみると、時間が経ち理解できるようになってる。そういう意味では多少経験積んでるのかなあと。

100%golf.jpg

この本に何が説かれているかというと、とにかく基本、基本。ゴルフ雑誌によくある即席レッスンとはまったく違う。ゴルフ雑誌のレッスンが味付け調味料だとすると、この本はダシの大切さを説いてる感じ。その基本となるのはグリップ、アドレス、スイングの通過点でのチェックポイント、ルーティンの重要性などなど。

ではスイングのうんちくが難しく説かれているかというとそうではなくて、こういう簡単なドリルを毎日数分行うだけですばらしいスイングが身につくというもの。簡単なドリルもスイングパーツ事に分解してあり、どれもこれも具体的でユニークですぐにでもできる。しかもボールを打つドリルはほとんどないので自宅やどこでもできるのが良いところ。



現在はというと、この本を2回読み返して3回目に突入。とにかく読んで読んですり込む作業。そしてグリップからまず直してみると、今までどれだけ間違った握り方をしていたのかよくわかる。昔もこの本を読んでグリップを教わったんだけど、今は理解度が違ってきているのかなと。こういう握り方をすると、どういう効果があるかというのが分かってグリップできるようになってる。スイングも同じく。

トップの位置もだいぶ直った。フラットになりがちだったスイングも縦振りに。アイアンショットも昔のような強力な高弾道が戻り飛距離も数パーセント伸びた。何より、ひどいフック癖がなくなったのが大きい。曲がり幅が減ったので、狙ったところに自信を持って打っていける。グリップから始めるルーティンも確立されてきて、打つ前のプレッシャーが少なくなった。そしてこの本を読んで練習したあとの最初のラウンドでは、いきなりの自己ベストタイ。


ということで、これはゴルフ始めた人やスランプ中の人にもおすすめできる本。僕にとっては、原点に立ち返るにはとても良い一冊。レッスンに通っているわけではないので、この本が先生代わり。時々は読んでスイングをチェックしないといけないな。


posted by シーバ at 17:43 | ゴルフ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフォレストのスタッツ(4/29)

ベストタイ出したすぐ後の今年ワーストタイ。スタッツもOB8個、トリプル7個とボロボロ。GDOハンデは24→25に。

stats130429.jpg
※別ウインドウで開くと拡大


posted by シーバ at 14:10 | スタッツ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。