2012年10月31日

フェアウェイウッド練習。

うーむ、なかなかうまくいかない。ベストタイが出たと思えば、その次のラウンドで3桁とか…。ゴルフが嫌になりそう。まぁ原因が分かっているだけまだマシなんだけど。

原因はFWがうまく打てなくなっている(スライス)→練習を積んで「これならコースでも使えるな」というレベルに→コースで使う→またスライス→迷宮入り。練習ではある程度つかまった球が打てても、コースでは打てなくなる。アドレスなのかスイングなのか、景色がそうさせるのか。以前はコースでも普通に打ててたのになーと。

そうなるとゴルフもリズムを崩し、特に悪くなかったクラブまで調子がおかしくなる。そうなるとゴルフにならない。つまりFWをもっと練習するしかないなーと。


ここで女子プロの登場。


彼女たちは筋力が男性ほどない割りに、ドライバーも飛ばすしFWもきれいに打つ。まぁ上手なのももちろんあるんだろうけど、ちからないのになんでかなー?と。


彼女たちはちからがない。


もしかして…


ちからいらないんじゃね?


ということで、脱力をテーマに再び練習。「僕は脱力の大様だ!脱力ならタイガーにも負けない!」という強いのか弱いのかよくわからない気持ちで。肩もゆったり。グリップもすっぽ抜けない程度に緩く。そしたら良い感じで打てた。もしかして、コースでは単純にりきみ過ぎだったんかな??


もっと脱力力(だつりょくりょく)を鍛えねば!


ただ、脱力で良い感じには打てるんだけど、飛距離は少し落ちてる感じ。脱力しながらもスピードを上げるにはどうしたらよいか。この辺を課題にもっと練習だな。




posted by シーバ at 12:09 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月26日

『今田竜二 アイアンショットの鉄学』

パーゴルフで連載していた『今田竜二 アイアンショットの鉄学』のムック本が出てたので買ってみた。

iron_tetsugaku.jpg

中身はサイトでも読めるんだけど、今田竜二好きとしては、本を部屋に置いておきたいというのもあるのでこういうのは買っておこうと。

しっかり鉄学を勉強せねば。


タグ:今田竜二
posted by シーバ at 19:23 | ゴルフ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北房のスタッツ(10/20)

備中高原北房カントリー倶楽部のスタッツ。

OB多すぎ。トリやらそれ以上やらが残念なホールが多かった。でも4Wとか長いクラブをしっかり練習すれば、決してベストが出せないコースではないと感じたな。

stats121020hokubou.jpg

※別ウインドウで開くと拡大

GDOハンデは20のまんま。


posted by シーバ at 19:09 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北房の反省(10/20)

IN49(18)&OUT55(20)計104(38)

最高の天気の中、久々の北房。

hokubou121020-1.jpg

この日もグリーンは速めに仕上がっていて楽しめそう。

hokubou121020-2.jpg

実際、下りは止まらず、それに慣れすぎてしまうと上りも打ち切れない。こないだの真庭と同じ速さだけど、体感的にはこちらのほうが速かったかな。グリーンが硬いからだろうか。

北房は難しいので「ボギーで良し」という気持ちでプレー。実際そのペースで進んだけど、INの6番PAR5のセカンドでOB2発。そんなこんなで49。

今まで4Wでセカンドを打つとスライスOBばかり出てたので、まっすぐ打てるようにしっかり練習を積んで、自信を付けて臨んだんだけど、やはりコースに出るとスライスOB。よくわからん。まだまだ練習が必要ということか。

OUTになるとスイングの悪い癖がでるように。OBも出始め集中も切れてきた。集中が切れると“遊び”が出るようになり、普段使わないクラブで試してみたり、アドレス後にもぺらぺら喋るようになったり。一度切れた集中を再び繋ぐのは難しい。

そんなこんなで北房でまた3桁。やれやれ…。

でもアイアンショットではよい感覚が掴めたりもしたり、中途半端な距離のアプローチもよい感覚で打てた。ラウンドそのものも楽しかったし良しとしよう。


posted by シーバ at 09:35 | 備中高原北房カントリー倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月15日

不定期スイングメモ

練習で良い感覚がつかめたのでメモ。


・アドレスをする(肩もしっかりスクエアになるように)。

・ボールから目までの距離を絶対変えないように念じて…

・スイング開始。

・肩をしっかり回すことだけに集中。

・左肩が視界に入り、カチッとあごの下に入ったら切り返し。

・あとはフィニッシュまでもっていく。

以上



スイング中はメカニカルなことは考えたらダメな気がする。意識しなくてもクラブヘッドはちゃんとボールのところに帰ってくる。アドレス時にクラブフェイスさえスクエアになっておけば、少々のスイングのズレは大丈夫。それよりもしっかりと振ることだけに意識を集中することが大事…と思った。(それでショットしてミスが出たらメカニカルな問題点を考える)


しいて付け加えるなら、ボールを捕まえる動作と捕まりすぎないようにする動作は行うこと。

posted by シーバ at 13:06 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月12日

真庭CCのスタッツ(10/8)

真庭カンツリークラブのスタッツ。

FWキープ1回だけど、ベストスコアタイ。ラフが短かったから。パットは3パットもあるけどよく入ってくれたな。

stats121008maniwa2.jpg

※別ウインドウで開くと拡大

GDOハンデは21→20になった。


posted by シーバ at 12:08 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月10日

真庭CCの反省(10/8)

梅44(16)&欅42(17)計86(33)


マイフェイバリットコースのひとつ「真庭カンツリークラブ」で、念願叶ってラウンド。かれこれ3年ぶり。ここはコースもグリーンもホスピタリティも最高に良く、本当に好きなコース。

このコースはいつもグリーンが比較的速いので、この日も「できれば9ftくらい出てたら楽しいだろうな〜」と思ってたら、願ったり叶ったりで9.3ft。速い。これはパッティングが楽しそう。

mnw1008-1.jpg

この日は梅コース→欅コースという流れでスタート。

mnw1008-2.jpg

まずは1番からおはようOBでいきなりダボ。2番もスリーパットでダボ。3番も何てことないセカンドショットがOBでダボ。痛恨の極み…。でも4番〜7番を1バーディ3パーで、前半のダボを取り返せた。

前半は「□□□ー○ーー□△」の44(16)で折り返し。



お昼はやっぱり「マニワックライス」。おいしい。

mnw1008-3.jpg



後半は欅コース。1番ではこの日初めてのFWキープ。結局この日のFWキープはこの1回だけだったという…。

でもセカンドとアプローチとパットで流れをつかんでよい調子。6番(OB)と9番(ゼブラゾーンペナルティ)が残念だけど、まずまずの出来。

後半は「ーーー△ー3ーー□」の42(17)。


全体では、トータルのFWキープ1回とティショットが散々だったけど、アプローチとパットに助けられて、終わってみれば自己ベストタイ。ラフがそんなに長くなければ、FWキープしなくてもどうにかなるもんだな〜と。(OBはダメだけど)

グリーンは速くて難しかったけど、わりとタッチも合ってたしラッキーもあった。やはり転がりの良いグリーンは楽しいな。(今年はグリーンが砂だらけとか、穴ぼこだらけとか、もさもさの長い芝とか、そんなラウンドが多かったから)

でもハーフ30台をまた逃してしまったのは良くない。何てことないところでのミスがもったいないな。あと、フェアウェイウッドをもっと練習する必要がありそう。



mnw1008-4.jpg

帰りに看板犬の「ポポラちゃん」をパチリ。相変わらずのぐーたら具合(良い意味で)が癒されるわー(笑)


posted by シーバ at 14:15 | 真庭カンツリークラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。