2012年04月25日

久米カンのスタッツ(4/21)

120421kume.JPG

※別ウインドウで開くと拡大

特に良いところも悪いところもなく、いつも通りな数値。ただフェアウェイキープ5回はすべて後半の数字。前半も1個くらいあったかも?(前半の最終3ホールはバタバタして書き残しておらず…)とにかく、前半の早い段階から調子を掴まないといけないな。

あとは、パーとボギーをたくさん積み重ねることができたのはよかった。こういうゴルフを続けていたら、いつかきっと良い結果がでると思う。

それにしても、ダボやトリ以上を叩いたホールは実にもったいない。もっと賢いゴルフをせねば。特に前半。

DGOハンデは27→26にひとつ減った。




posted by シーバ at 11:49 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月23日

「久米カン」の反省(4/21)

IN51(21)OUT46(18)計97(39)

約1カ月ぶりのゴルフは、初めてプレーするコース「久米カントリークラブ」へ。雨も心配されたけど当日は絶好のゴルフ日和。

kume0421-1.jpg

kume0421-2.jpg

この1カ月の間に、芝もほとんど緑に変わり、ウェアも今年初の半袖に。サクラはほとんど散りかけていたけど、そのかわりヤマツツジがとても綺麗だった。

kume0421-3.jpg

プレーはというと、前半は6番まで5オーバーとほぼボギーペース。しかし上がりの3ホールだけで10オーバーの大叩き…。51で折り返して後半に続く。

後半も8番まで7オーバーとほぼボギーペースで進行。しかし最終ホールで痛恨のOBトリで46。トータル97(39)。

前半も後半も、終盤のバタバタをなくさねばダメだね…。それ以外ではわりと良いプレー。いま取り組んでいる「ドライバーとアイアンを同じように振る」こともだいぶ出来てきた。

アイアンとドライバーのスイングを同じにしたら、ティショットがほぼノープレッシャーで打てるようになった気がする。特別なことをしなくていいからかも。

アプローチもまずまず。2000球も練習すればそれなりに良くなる。パットは39も打ってしまったけど、アイアン距離の読み間違いでロングパットが多くなったのがそもそもよくない。

全体的に、練習と冬ラウンドの成果が出てきている感じ。それだけに終盤崩れたのは悔しい…。


しかし、スコアは別としてゴルフはとても楽しかった。

面白かったショットは、左ラフからピンまで110ヤードで風はアゲ、前方は木がスタイミー。真っ直ぐは狙えないので8アイアンをかち開いて木の左上からどスライスをかけて打ったショット。スライス少しがかかり過ぎてバンカーに入ったけど、高さと距離はぴったり。これは楽しかったね〜。

久米カンは初めてだったけど、素直なホールが多くて回りやすかった。コースもグリーンもきれいだし、スタッフも丁寧で気持ちいい。何度でも回りたくなるコース。また来よう。

kume0421-4.jpg

kume0421-5.jpg



posted by シーバ at 19:01 | 久米カントリークラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月16日

タイミングの練習

複雑なことは省いてスイングはなるべくシンプルにしたい。


なので、ドライバーもアイアンも同じように振りたい。


でも、ドライバーがよいときはアイアンがダメ。アイアンがよいときはドライバーがダメになる。振り方はほとんど一緒なんだけど。そこで、何となく新しい練習方法を試してみたら意外とよかったのでメモ。


ドライバーは切り返してから左サイドで一瞬我慢して、その間に右サイドの振りを追いつかせるような動きだと程よくつかまる球に。でもこれをアイアンでやると、ど引っ掛けになってしまう。

アイアンの場合は、切り返してから左サイドをそれほど我慢せず右サイドと同調して振るようなイメージ。こうするとストレート〜フェードになるけど、ドライバーでこれをやると弱々しく逃げるスライスになる。


で、ドライバーとアイアンを同じタイミングで振ることはできないかな〜と考えて思いついた新しい練習方法は、ドライバーとアイアンを3球ずつ交互に打つ練習。

ドライバー(またはアイアン)ばかり連続で打つとそのタイミングの癖だけ付いてしまう。なので、練習でのクラブ換えを頻繁にして、2種類のクラブの振るタイミングを同じレベルに歩み寄れば、ベターなタイミングが掴めるんじゃないかな?と。ドライバーだけ、もしくはアイアンだけのベストショットを打つのではなく、お互いのクラブの「ベターショット」を打ちたいなと。ドライバーが100点でアイアンが50点ではなく(その逆もあり)、ドライバーもアイアンも常に75点にしたいなと。


アイアンは5番を使ってみたけど何でもよいと思う(でも8番とか9番では長さ間にギャップがあり過ぎて難しそう)。何回か繰り返してたら、お互いのタイミングが平均化されてきた。もう少し慣れてきたら2球とか1球で換えるのもよいかも。コースでは基本的に、1ホールで同じクラブは1回しか打たないし。

posted by シーバ at 12:23 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月14日

プレーファースト(1)

プレーファーストについて、自分に対してのおさらいという意味も込めつつちょっとずつ書いていこう(最近僕もたるんできてるからなー)なんて。


(以下、あくまで個人的に思うこと)



まず、なんで進行を急ぐのか、ということ。何でだろう? なんで?

早いと単純にゴルフ場が得するから?



「ゴルフ規則」<第1章 エチケット コースでの心得>にもなんたらかんたらと書いてあるように、プレーファーストは、自分も他のプレーヤーもみんなが楽しめるようにするための、心配りのひとつなんじゃないかなと。

自分がゆっくりプレーして、それが楽しいゴルフでも、待たされる同伴者や後続組は楽しくないかもしれない。数組のコンペをしていて、前の組が早く上がってから、ずーっと待たされるのは楽しくないかもしれない。もちろん、ゴルフ場もお客の回転が悪くなるので楽しくないかもしれない。(おそらく)



同じく「ゴルフ規則」に、プレーのペースについてもなんたらかんたら書いてあるけど(長いので省くけど)、個人的にどうやったらプレーファーストできるかどうかは「準備」につきるんじゃないかな〜?と思う。

★ゴルフに行くまでの準備
★プレーをするための準備
★コース上での準備

それぞれの「準備」についてはまた細かく別れていて、考え方やテクニックもあるんだけど、それについてはまたおいおい…。



あと、よく言われるのは「走れ走れ」ということ。ゴルフ始めたての人がよく言う「ゴルフって優雅なイメージだったのに、こんなに走るとは…」というセリフ。これらはたぶん、上記の「準備」がある程度できたら、コース上で「そんなに走らなくてもよい」と個人的には思う(あくまで個人的)。でも時にはちょっと小走りしなくてはいけない場合もあるとも思う。その何となく目安的なものは…

★PARペースの人…さっそうと歩けばよい
★BOGEYペースの人…大股の早歩きでよい
★ダボペースの人…次打地点まで急いだほうがよい
★トリプル以上…全てのショットで次打地点まで急ぐべき

※これらはあくまで「準備」ができているという前提
※ダボやトリの人がゆっくりだと、PARやBOGEYペースの人が急がねばならない
※中にはPARやBOGEYペースでも「準備」が悪くて遅い人もいる
※中にはダボやトリでも「準備」がしっかりしていて早いひともいる
※もちろんカートを使った方が早い場合は、PARペースの人も乗ったほうがよいのは言うまでもなく


ちなみに僕は、PARからトリプル以上までスコアが幅広いので、コースではさっそうと歩いたりせかせかと走ったりしなくてはならない。


ということで、楽しく「歩く」ゴルフをするための「準備」はまた今度書くことにしよう。(覚えてたら)


posted by シーバ at 17:05 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月11日

「スタジオアリス女子オープン」観戦

会場の「花屋敷ゴルフ倶楽部」に辿り着くまでいろいろあったが、どうにか到着(予定より1時間以上遅れた…)。



とりあえず屋台で腹ごしらえ。これもトーナメント観戦の楽しみのひとつ。

Alice-3.jpg

これはレストラン?何だかすごい建物。

Alice-4.jpg

…まぁそれはどうでもよいとして、さっそく待ちに待った観戦。



とりあえず9番ホールへ行ってみると、原江里菜がバンカーショットからパーセーブするシーンを間近で見ることができた。当たり前だけど、プロはとってもお上手。

そのうしろの組がチャンチエということで待つことに。グリーンに上がってきたチャンチエを見てびっくり。女性に対して失礼かもしれないけど、逆三角形のアスリート体型。そうとうトレーニング積んでそう。

プロを見てすごいなーと思ったのはショットやパッティング前の集中力。僕はショットの前は特に集中せずにポーンと打てしまう癖があるので(それはそれで良い場合もあるんだけど)、プロが見せるここ一番の集中力は真似したい。

あとルーティンがみんなしっかししてるね。

そのほかテレビでおなじみのプロの技をたくさん見られて大満足。キンクミちゃんのベタピンショットとバーディを間近で見られたのは嬉しかったな。

そんなこんなで、まだプレーは続いていたけど会場を後に。短い時間だったけど大満足。

Alice2012-2.jpg

女子プロは男子ツアーより、ギャラリーの人口密度が少ないのでゆったりと観戦できたのがよかった。入場料も男子より比較的安い。それに女子プロのスイングスピードや飛距離は、アマチュア男性とほとんど変わらないので、コース攻略が参考になる。あと、女子プロのみなさんはテレビで見るよりぜんぜんかわいい(笑)

来るときは交通運営の悪さに「来年はもう観戦に来ない」なんて思ったけど、やっぱ楽しいから来たいね。


結果は家に帰ってテレビで見た。

Oh…申ジエェ…。


posted by シーバ at 12:23 | プロゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月10日

女子ツアー初観戦…に行くまで

何とな〜く金曜日にLPGAのサイトを見て、ふーん、今週は「スタジオアリス女子オープン」かぁ。へー兵庫県でやるんだ。近いなぁ。料金もわりと安いなぁ。男子レギュラーとシニア、あと女子の下部ツアーは見たことあるけど、女子レギュラーはまだないなぁ。行こうかなー。と思い立ち、急きょ観戦することに。その夜にセブンイレブンで前売りチケットを購入。

Aloce_logo.jpg

ワクワクするな〜。

日曜早朝に起きて、マスターズを1時間ほど見て出発。高速を2時間ほど走ると吉川ICに到着。ここからは何か案内看板が出てるだろう、と特に予習もしてこなかった。が、それがツアー会場への長い旅の始まり…。

吉川からは案内看板が出てたのは出てた。でもすごく小さい!よ〜く目をこらさないと見つけられない。しかも看板と看板の設置間隔が広くて見つけられない。ゴルフツアーと言えば道路脇に「のぼり」なども普通は出すが、それも出てない。そんなこんなで見落として、曲がるところを過ぎてしまった…。

しばらく走って「あ、これ違う」とUターン。ケータイでサイトを見て、やっと駐車場の位置を確認(はじめからこうすればよかった)。駐車場前につくと警備員がわらわらと4〜5人。ここにそんな人数割く前に、主要交差点にひとり立たせればいいのに…。するとその警備員に止められ「満車です」。


Oh…。


しかたないので、警備員に言われた第2Pを目指すことに。ここ、戻ってきた道じゃん…。そんな第2Pへの道のりも、看板小さい、間隔広い、のぼり無し…。でもどうにか到着した。ふぅ。

やっと駐車できたものの、バス待ちの長い列。しかもバスの間隔が長くなかなか来ない。30分くらい待って、やっと自分たちのバスが来た。やっと乗れる!と思ったらバスのドアが開かない…。故障みたい。必至に空けようとチャレンジしているが、とりあえずそのバスは脇にやっといて後ろのバスに乗らせてよ。なんて思ってると「前ドアからお乗りください」と。壊れたドアのバスで行くんかい!


まぁええわ…。


ここまでイライラしたけど、バスにゆられてのどかな風景を見ると少し癒される。バスの中では観戦に関する注意事項の案内音声が流れる。しばらく走ったところで案内音声が「もうすぐ会場に着きます。いましばらくお待ちください」。おぉ〜ついに到着かー!ワクワク。


ワクワク。


まだかな〜。


もう少しかな〜。


「もうしばらく」からけっこう経つな〜。


わりと細い道だな〜。


・・・。


まだ?


すると運転手が、

「すみません、道を間違えました…」

バス内一同「えぇぇーーー!?」

どっかの子供も「そんな事ってあるーん?」

家からここまでいろんな事があったが、最後にこんなトラップがしかけてあったとは…。バスが元のルートに戻ると、後続のバスが前を走ってるのが悲しくなった…。この大会の交通運営どうなってんの?

まぁとにかく、運転手ドンマイ!


そしてやっとゲートに辿り着くことができたのだった。はぁ…。

Alice2012-1.jpg


posted by シーバ at 12:19 | プロゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月09日

また2000球

また2000球打ってしまった。といっても、その内の1600球は30ヤード以内のアプローチ。場所は「おかやま山陽高校」近くの「ガーデンゴルフアカセ」。もしかして、上原彩子Pや諸見里しのぶPもここで練習したんかな?


…なんて思いつつ、たとえばボールで白い道を作ってみたり。

1204-2000-1.jpg

 ↓ ↓ ↓

1204-2000-2.jpg

もう少し「細い道」にしたかったな。方向の精度がまだまだ。



それに飽きると、15ヤード地点にあるバスケットを埋め尽くそうとしてみたり。

1204-2000-3.jpg

 ↓ ↓ ↓

1204-2000-4.jpg

100球以上は入れたはずだけど、あまり代わり映えなし…。埋め尽くすって大変…。


しかし手が痛い…。握力というより、指のタコにさらに固くなった皮が集まる痛さ…。


1600球を越えたあたりで、痛いながらも試しに長いクラブを振ってみると、もうナイスショットしか出なくなる。いつもの引っ掛けも出ない。なぜかわかんない。疲れすぎて無駄な動きがないのかな? この疲れた状態で出るショットを元気な状態の時に打てるようになりたい。


地味だけど良い練習になったな。またショットの定期点検のつもりで来よう。


posted by シーバ at 19:06 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。