2012年03月29日

いろいろ打ち方変えてみた(アイアン・ドライバー編)

引っ掛け病を直すのとは別に、ドライバーからアイアンまでスイングを統一したい(シンプルにしたい)。特にドライバーの安定感を増したい! ということで、若干スイングというか構え方を変更。

いままでは、若干左足体重で構えてテークバックで右足に体重移動→左足に体重を乗せるというイメージ。

これだと…

×体を揺さぶるので打点がバラける(特にドライバー)
×体が疲れてくると体重移動の量が不安定に
×動きが多い

もう少しシンプルにならんかなということで…

若干左足体重で構え、その左足を軸に右肩を背中側に回すイメージでテークバック。トップではむしろより左足体重に。そして左足が軸のまんま、インパクト〜フィニッシュ。ボールはどの番手でも、基本的に左足かかと線上にセット。

(まぁ…平たく言えばスタック&ティルト的な…)

こうすると…

◎同じ場所で回転する打ち方なので打点が安定
◎体が疲れてもいつも同じ動き(シンプル)
◎ドライバーでも飛距離はそんなに落ちない
◎インサイドアウトに振れる


4日前に練習場で試してきのうのJFEで実践してみたけど、特に問題はなかった。特にドライバーで出る突発的な「どスライス」とか「どフック」とかはなかったかな。ミスしてもミスの幅が狭いというか。何よりアイアンからドライバーまで同じスイングでできるというのがいいかな。

まだ始めたばかりなんでもっと練習が必要だけど。


あと、スイングで気をつけていること。
(もうど定番のお約束ではあるんだけど)

・ゆったりテークバック
・トップで打ち急がない(若干の間)
・インパクト後までボールのあった場所を見る
・どの番手でも100ヤード打つつもりで(力まない)




posted by シーバ at 19:20 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろ打ち方変えてみた(パター編)

1mのショートパット苦手病を克服したい! ということで、先月くらいからパターの打ち方を変えてみた。いままでは、体重は左右均等、ボールも真ん中にセット。

これだと…

×テークバックでヘッドが「へろへろ」とぶれる。
×ぶれてインパクトするので右にも左にも出る。
×でもどっちかって言うと引っ掛け気味になる。
×ショートパットのようなシビア動作ほど「へろへろ」に。

これはまずいということで…

左足体重、ボールは1個分左にセット、手はハンドファースト構えでストロークする打ち方に変更。

グリップした時に外側に折れる右手首の角度をキープしたままストロークするイメージに。(ミケルソンの「フォワードプレス」のような感じだけど、初めからプレスした状態なのでちょっと違うかも)

こうすると…

◎シビアな動作でも手首が固定され、テークバックまっすぐ引ける。
◎つまりストローク全体が安定(まっすぐボールが転がる)。
◎何より気持ちに余裕が出る。


3パットが劇的に減ったわけではないけど、まっすぐ転がるようになったことで、特に3番目の「気持ちに余裕が出る」という変化は大きいな。1mのパットでもいまはまったくドキドキしない。


posted by シーバ at 18:54 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFE瀬戸内海GCの反省(3/18)

IN48(20)OUT49(15)計97(35)

この時期の平日のお安い料金の内に行っておこうということで、ミズノオープンでおなじみの「JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部」へ。ここでのプレーは去年以来2度目。



2012-03-28-00.jpg


ロッカーへ向かう途中にはミズノオープンのパネルと、各選手のスコアカードが展示されていたり。

2012-03-28-01.jpg

2012-03-28-02.jpg

昨年は韓国選手無双の中、遼ちゃんがんばってたね。


外に出るとおなじみのハクチョウ。

2012-03-28-03.jpg

実は、2羽のうち1羽はけっこう気性が荒いことが判明。餌やりのスタッフを羽根で催促攻撃してた。優雅なイメージなのにショック…。


この日はみっちりパッティング練習してやろうとスタート2時間前に到着。…が、練習グリーンは若干荒れていて、しかも砂だらけで愕然…。これじゃぁ練習にならないな…と適当に切り上げいきなり時間をもてあますことに。

2012-03-28-04.jpg

なのでコインを1枚受け取って練習場へ。しかし、1コインで出てきたボールはたったの20球。こんなに少なかったっけ…? これでは普通に打ってたらあっという間に終わりそうなので、1球につき5回以上素振りしたり、1球ごとにクラブを変えて打つことに。でもこのほうが実践向きな練習になって良いのかも。

練習場で椰子の木の枝で風をチェック。

2012-03-28-06.jpg

けっこう風は強い。

ちなみにグリーン情報はこんな感じ。

2012-03-28-05.jpg



ということで、いざインコースからスタート。

2012-03-28-07.jpg

キャディさんがこんな立ち乗りカードで移動して、プレイヤーは歩くスタイル。去年は同伴者の体調もあり乗用カートだったので、今回はやっと念願叶って歩きのプレー。なんだかゴルフの原点のようで楽しいね。


しかし、あいかわらず他に類を見ない、荒々しい大地(埋め立て地)に作られたゴルフ場である…。(あと、去年も書いたが、ここは直接海とリンクしているわけではなく、随所に池が配された「リンクス風」。でも吹きっさらしの風はまさにリンクス。)

でも残念なことに、この数日前にコース全体に砂をまいたらしく、フェアウェイは砂だらけ…。グリーンも空気穴でポコポコ。まぁコースメンテナンスがしっかりしていると言えばそうなんだけど、プレーする側としてみればちょっと興ざめ…。タイミングが悪かったなぁ…。


プレーは出だしはパーだったものの、その後ダボ・トリ・トリ・ダボ…。どこかのホールでの大叩きはしょうがないとして、これが連続する癖はなんとかせねば…。その後はなんとか盛り返して前半終了。


ちなみに16番PAR3。ミズノオープンの時はこのグリーン裏で観戦した。その時はとなりのおっさんのボヤキが面白かった(笑)

2012-03-28-08.jpg


コースの所々で改修中だが、18番は新たにポットバンカーが新設されていた。入れたらゴメンナサイで出すだけ。まさに全英への道っぽい。

2012-03-28-09.jpg


さてさて。

2012-03-28-10.jpg

お昼は「石焼きシーフードカレー」を。具は熱々でごはんの「おこげ」もうまかった。ここはいろいろメニューも豊富で良いね!


気をとりなおして後半スタート。後半は前半よりも強風に。

後半も出だし1番〜4番までに、ボギー・ダボ・トリ・+4とマルチボギー連発…。前半の反省が生かされてない…。もうほんとヘタクソ過ぎて、ちょっとしんどくなったけど、5番〜9番はボギー3つにパー2つ。なんとか盛り返して終われたのでほっと一安心。


ということで、終始強風に吹きつけられた楽しいラウンドは終了。ドライバーが会心の当たりでも、セカンドショットは長いクラブになるので難しかったな。あと、短いクラブでも風の計算がまだまだ甘いし、もっと低い球を打つ練習もせねば…と反省しつつ、また来年の安い時に来よう。


posted by シーバ at 12:48 | JFE瀬戸内海ゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月27日

北房CCのスタッツ(3/24)

北房CCのスタッツ。GDOハンデは27のまんま。

前半のスコアは悪いが(まぁこれが最近の自分の平均ではあるんだけど…)後半はもっと悪い。+4叩いたホールが3つ、+3叩いたホールが1つ。ダボやトリでもきついが+4が後半だけで3つ来るとそうとうこたえるなぁ…。パーやバーディじゃもう取り返せないし…。

まぁでも、ラウンドの翌日に練習をして、スイング(というより構え方)を変えたら少しショットの安定感に手応えはあった。

なので、気持ちを切り替えてまたがんばろーっと。

120324hokubou.JPG

※別ウインドウで開くと拡大。赤文字は特に意味なし。



posted by シーバ at 10:05 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月26日

北房CCの反省(3/24)

OUT49(20)IN56(21)計105(41)

「備中高原北房カントリー倶楽部」で、昨年秋以来となるラウンド。



この日は前日の春の暴風雨のなごりで、雨こそ降らなかったものの、強風が吹き荒れる厳しいコンディション。でも、水はけはとても良いコースなのでぬかるみはほとんど無し。さすがはここら一帯が石灰岩を含むカルスト台地だけのことはあるね。ゴルフ場を作るにはすばらしい地質だなー。

このコースは、ショットを少しでも曲げると各所に配された木の罠に。調子自体はそんなに悪くないつもりだったが、気持ちの反面、ショットはけっこう曲がってた。なので、ほとんどのセカンド、サードショットがゴメンナサイで横に出すか、インテンショナルで曲げるか、フェイスを開いてかち上げるか、枝の隙間を「どりゃ〜!」とぶち抜くのいずれかばかりだった…(でもそういうトラブルショットはけっこう好き)。

アプローチとパットもいまいちで、なかなかスコアをボギーでまとめきれず。そうやってスコアもだんだん厳しくなってくると、後半にはなんとか封じ込めてたアイアンの引っ掛けが出るようになってしまったり…。

なかなかこてんぱんに打ちのめされたラウンドだった。

でもこのコースは個人的には「Myパーにプラス5打」と思っているから、強風でこのスコアなら前向きにOKとしておこう。あとここは、インテンショナルショットが必要なので、そういうのが好きな僕にはとても楽しいコース。また腕を上げて来たいな。


(おまけ)同伴者のIさんが写真をたくさん撮ってくれた。

8_large.jpg
どこか忘れた。70yくらいのアプローチかな?

9_large.jpg
どこかのホールのティショット。

26_large.jpg
PAR3でバシッと。

34_large.jpg
これもPAR3でバシッと打ったら…

37_large.jpg
引っ掛けて斜面を転がって池手前でストップ。

40_large.jpg
最終ホールかな? ボールはPro V1を使い、渾身のドライバーショットをしたらアゲンストの風の中でよく飛んだ。最後はパーで上がれてよかった。


posted by シーバ at 18:52 | 備中高原北房カントリー倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月22日

サンフォレストGCのスタッツ(3/18)

パーオン数は6回とまぁまぁ。アイアンの引っ掛けがほぼなくなったのと、ぬかるみ対応ショットの練習を積んだおかげかも。

でも、前半は良かったドライバーとパットが、後半になると崩れてしまった。

ドライバーは切り返しのタイミングで迷走してしまい左まっすぐOB連発。パットは後半になると強め強めになってしまい、返しのパットが長い距離になってしまった。それで3パットも多めに。

今年のトータルで見ても、前半は平均18パット切れてるのに後半が悪すぎるなー。ここが改善されれば後半のスコアもぐっと良くなるはず。

120318sunforest.JPG

※別ウインドウで開くと拡大


posted by シーバ at 16:29 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月21日

自己分析(サンフォレスト)

昨年末から今まで、比較的短い間にサンフォレストで4回プレーした。

プレーした日の条件は違えど、これら全ホールのベストスコアだけをピックアップしてつなぎ合わせたら、もしかしてパープレイできてるんじゃないか?と思って計算してみた。

sun4round2.jpg
※別ウインドウで開くと拡大


結果は6オーバーの78。

それでもパープレイじゃないのか…という気持ちと、すべて噛み合えば70台の可能性もあるなという気持ちと。



ちなみに今までパーを獲ったことのないホールは、OUTが1番、5番、6番、7番、INが10番、17番、18番。


興味深いのは、どうやら9番が得意ホールらしく4ラウンドして1アンダー。

注意すべきは、すべてのパー5で大叩きしているという点。

パーもしくはバーディを獲っていきたいロングホールで崩しているのはもったいないなぁ。


でも、なかなか興味深いデータが取れたな。


posted by シーバ at 18:21 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。