2012年02月29日

グリーン上の時間

最近のパター練習は、約1mの距離をコツコツと。

でも練習内容ではなく時間のことについてふと思ったこと。


自宅練習で、1mちょいの距離を転がしてはボールを取りに行き、元の場所にセット。そしてまた転がして…と連続30球もやると、約10分は経過する。

30パットというと、アマチュアではかなりのパターの名手。平均を36パットとするともう少しかかる時間も増える。しかもすべて1mの距離から打つなんてありえないので、時には5mとか、10mとかもある。その都度マークもするし、ボールも拭くし、ラインも読むし、歩く距離が長いほど時間もかかる。だからひとり1ラウンドで、パターだけで30分以上はかかるんじゃないかなと(あくまで予想)。

これがコースを4人でまわるとなると、パターだけで2時間以上かかるので、ラウンドの半分はグリーン上でかかった時間と言えなくもない(計ったことないから正確には知らないけど)。


なので、よく言われているように、他の人が打ってる間にラインを読み、打ち終わったら(ボール転がり始めたら)自分も歩いてボールをセットし、読んだラインにしたがってすみやかに打つ、というのが大事だな。

プレイファーストを心がけるには、実はスルーザグリーン内ではなくグリーン上が占めるウエイトが大きいのではないかと。


なんて(僕もそんなに早くないけど…)。




posted by シーバ at 18:23 | プレーファースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひさびさのゴルフ本

2012年、うるう年の2月29日ということで、せっかくなんでブログに何か書いておこう。といっても特にネタはないので最近読んだゴルフ本について。(過去に書いたのとだぶるけど)


今年に入って読んだのは、『倉本昌弘 本番に強くなるゴルフ』。もう何周読んだかわからないけど、今年は2周読んだ。中身は全体的に「心」を説いたもので、技術的なこともとてもわかりやすく織り交ぜられている。プロにゴルフ教わることができるとしたら、個人的には倉本Pがよいね〜。



最近は『中部銀次朗の第一打』を読了。『中部銀次朗のゴルフ(1〜3)』の続編的なもの。『月間チョイス』に連載されてた「新・銀のゴルフ」をまとめたものかな? 中身はマンガでわかりやすいし、何周でも読める。こちらも「心」についてがメイン。

ginnodaiichida.jpg



あと、ずいぶん前に買ってそのまんま放置してた本。『ザ・ゴルフマッチ サイプレス・ポイントの奇跡』。こちらは技術書ではなく小説。ベン・ホーガンが活躍してた時代のおはなしらしい。またこれもじっくり読むとしよう。

golfmatch.jpg











posted by シーバ at 12:26 | ゴルフ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月28日

スイングを矯正中

アイアンの「引っ掛け病(または、引っ掛けを嫌ってどスライスもたまに出るという合併症)」が本当〜〜〜にひどく、最近のラウンドではFWキープは増えているのにパーオン数が激減。

治そうと過去いろいろ試してきたが、完全治療には至らず。そろそろ何とかしないとやばい…。



てことで「自分のイメージとは反対の球を打ってそこから何かを発見してみる週間」。

まず…

先週の練習では、アイアンで右プッシュ(のつもり)をひたすら打ってみた。するとまっすぐな球が。自分では「やり過ぎかな〜?」くらい(フォローを右へ出す感じ?)でちょうど良いみたい。それだけ今のスイングがアウト・インになってたということだなぁ…。

アドレスは、足やフェイスをスクエアに構えても、右肩が前に出てしまう(肩だけオープンに構えてしまう)癖がある。おそらく目標を見よう見ようという気持ちが強すぎて。なので、その状態から目線を目標のやや右にやってみる。そしたら右肩が後方に下がり、肩も含めた全体にスクエア感が出てきた。イン・アウトのスイングもしやすい。この目線も、目標の20ヤード右、30ヤード右といろいろ試してみる。



という感じでいろいろ矯正中。でも、悪癖を取り除くにはまだまだ時間がかかりそう。うっかりすると引っ掛けはまだ出る。1カ月くらいかけてコツコツとやっていかないと…。

ただこれ、右プッシュを打つことや目線を右にやることが目的じゃなく、引っ掛け度合いを少なくすることが目的なので、そこを自分で勘違いしないようにしないと危険。


posted by シーバ at 12:04 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月27日

NEWキャディバッグ

キャディバッグを新調した。

caddiebad2012.jpg

カッター&バックのものに。去年あたりからウエアもC&Bのものに徐々に変えてたので、バッグもそれに合わせて。

ニューバッグにもなったし、この春からさらに頑張る!


posted by シーバ at 12:43 | ゴルフグッズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月21日

赤カン(2/18)のスタッツ

パーオンがたったの1回のみ。アイアンの精度が悪いというか、ダフる・トップするという問題ではなく、とにかく引っかけ病が原因。反対に、引っかけを嫌って右にスライスとか…。重傷。早く治さないと。

ボギーオンをパーでしのぐにもショートパットが悪すぎるね。寄せワンが12分1ではスコアはどうにもならんね…。

DRは打ち下ろしのランと風も込みで(これでも同組の男性2人に10ヤードずつ置いていかれたけど・笑)。

GDOハンデは27のまんま。

120218akakan2.JPG

※別ウインドウで開くと拡大
(赤文字は特に意味なし)


posted by シーバ at 09:45 | スタッツ2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月20日

赤カン(2/18)の反省

OUT49(17)IN48(20)計97(37)

朝の最低気温はマイナス2度、最高気温も5度くらいということで、とても寒い気温の中、ゴルフ仲間とのコンペで赤カンへ。



朝はこんな感じ。当然グリーンはカチコチ。

20120218-1.jpg

途中で雪が降ったり止んだり…。

20120218-2.jpg

ホールアウト後には吹雪いたり…。

20120218-3.jpg

それでも楽しくラウンドできたな。

コンペはチーム戦ということで、僕自身初めてのスタイルだったけど、これは同組で盛り上がるので、今までにない楽しさだったな〜。個人的なスコアは特に良くもなく悪くもなく(最近の平均よりちょっと良いくらい…)。まぁ、チームに大きく貢献もせず、足も引っ張らずといったところか…。

しかし本当に楽しいラウンドだったな!



そして個人的なプレーのこと。

ドライバーはまずまず。1番ホールでは、ティショットが左に飛んでミスしたけど、まっずぐ左に飛んだので曲げてではない。1組目のオナーで緊張もあったし、ちょっとしたタイミングの問題。その後は修正できて調子良かった。でも良く飛んでたけどドラコンは取れなかったなぁ…。他のみんながもっと飛ばすから。

ミドルアイアン〜UTは相変わらず引っかけが出る。スコアがまとまらない原因の30%はこれ。あまりに治らないので常にグリーンの右サイドを狙ってだましだましのラウンド。早く治さないとね(もっとシンプルに考えて降ってみよう)。

あと50%はパターが原因。ロングパットやミドルパット、あとアプローチはまずまずの調子で、1mくらいに寄せることも多かったんだけど、その1mを5〜6回は外してしまった…。ほんとこういうのをきっちり決めてれば、30パットも見えてくるんだけど…。

のこり20%はその他もろもろのミス。


あと、「赤カン」のマネジメントは前回より少し良くなった。

苦手とする5番はボギー(3ON・2PT)でなんとかしのぎ、前回14打と大叩きした17番はパー(4ON・1PT)を獲ることができた(これはうれしい!)。

そして、クラブ選択ミスっちゃったなーと思ったのは11番と13番。

11番はバンカーを越えるか越えないかの中途半端なクラブ(UT)で打ってしまいバンカーへ。DRか、もっと短いミドルアイアンでもよかった。13番はDRが調子良かったのになぜかこの日初めて使うFWでティショットし、それがOB。これは次回への反省点。


全体的にはOB打ったり、パー3で6打とかもあるけど、途中から9連続ボギーなどもあったりした(お昼を挟んで)。これを安定と見るか、パーが獲りきれない粘りのなさと見るか。

まぁどっちもだけど、前向きに「安定」ということにしておこう!


ということで、しばらくミドルアイアン以上のスイング修正、そしてショートパットの練習がメインだな!


posted by シーバ at 18:48 | 赤坂カントリークラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月15日

アドバイスいろいろ

アドバイスその@

先日ラウンドをご一緒したOさんから、「たぶんフェイスの上に当たることが多いと思うので、フェイスの下側で乾いた音がでるようにするといいよ」とのご指摘。

なるほど。フェイスのどこでボールを打つかは何となくは考えてはいたけど、強く意識したことはなかったなぁ。

上側に当たるということは、ダフることも多いし適正なロフト角でボールにコンタクトしないので、飛距離も出ない。

なので、今度からスコアラインの下から2本目あたりでボールをとらえる意識で打ってみよう。これはつまり、マッシーさんも言っている、「リーディングエッジをボールの赤道の下に入れる感覚」で打つと、とちょうどスコアラインの2本目がボールの赤道に当たるのかも。


アドバイスそのA

先日の練習でこと。M宅さんがN尾さんにアドバイスしてたのを僕もチラッと聞いて取り入れてみたら、これがまたスイングに良い効果があった。

それは、いわゆる「ビジネスゾーン」という部分での動き。ここで、回転椅子にちょこんと腰掛けたような状態で回すような感覚にするということ。目に見えない椅子に座るので「空気椅子」状態。

こうすることで何が良いかというと、腰の高さが変わらない。目の高さも変わらない。「椅子」から転げ落ちなければスエーも防げる。「椅子」から立つのはフィニッシュのとき。なのでヘッドアップも防げる。

これは効果があったのでしばやく意識してみよう。


posted by シーバ at 19:45 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。