2011年11月30日

「サンフォレストGC」のスタッツ(11/26)

スタッツ悪い。平均スコアも101になってしまったし、GDOハンデも26になってしまった。

111126stats.JPG

(別ウインドウで開くと拡大)


反省は繰り返しになるけど、自分の技量に合わせたコースへの順応ができていなかったこと。ひとことで言ってしまえば「慢心」。

例えるなら、突撃命令で敵城に勢いよく攻め込んで行ったはいいが、城内戦になり、狭い空間で長槍を振り回したがまったく役に立たず、むしろ短刀のほうが良いと気づいた時にはすでに遅く、散々打ちのめされて退散した…みたいな。

次からはもっと、戦術や策をよく練らないといけないな。




posted by シーバ at 12:00 | スタッツ2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月29日

ちょっと早めの2011年総括その@

ちょっと早いけど、2011年の総括その@

「コース編」

今年は現在まで12ラウンドしてて、そのうち以下の7コースが初めてラウンドしたコース。(今年は残り2〜3ラウンドの予定だけど、そこはすでにプレー経験済み)。


「山陽ゴルフ倶楽部」
(写真は練習場)

2011sanyo.jpg


「JFE瀬戸内海ゴルフクラブ」

jfe-start.jpg


「美作カントリークラブ」

mimasaka02.jpg


「岡山カントリークラブ 桃の郷コース」
(コースの写真がないのでかき氷…)

110731_2.jpg


「吉備高原カントリークラブ」

110907-2.jpg


「カポレイ・ゴルフコース」

WHI05_course4.JPG


「サンフォレストゴルフクラブ」

20111126.jpg


こうやって見ると今年は県内各地の「お初」コースをよく回った。海外にも行ったし。

個人的にこの中で「ぜひまたラウンドしたい!」って思うのは、山陽・JFE・吉備高原・カポレイかな。山陽は名門的な雰囲気がよくて、コンディションも最高。瀬戸内海はミズノオープンの地でもあるし、あの独特の形状のコースはなかなか日本にはない。吉備高原はとにかくコスパが高くてお昼のバイキングも魅力。高麗芝も経験できる。カポレイは開放的で好きだけど、どっちかっていうと「またハワイに行きたい」という理由。

いろんなコースがあって楽しいねーゴルフは。


posted by シーバ at 16:51 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月28日

サンフォレスト反省文の続き

昨日ブログにひっそりとアップした反省文があまりにも雑過ぎたので(笑)、だんだん冷静を取り戻してきた今、もう少し丁寧に書き足しておこう。

20111126.jpg

朝の気温は4度くらい!?コースは真っ白け!



まぁ…正直なところ、このコースを舐めてた。


ここは300ヤード前後のパー4が多く、「Tショット適当に打っておけば2打目は簡単だろう」くらいに思ってたフシがないわけでもない。その気持ちの状態で望み、いざショットしてみると乱れまくりの日。立て直しが効かないまま、そうやってOBを連発していくうちに、だんだん集中を保つのが難しくなっていったというのが大まかな流れ。

あと、こういう山岳コースになると、落としどころによってはいろんなライから打つことになる。これはいつも毎回思っていることなんだけども、様々なライから打つ経験が僕には不足してるね。つま先下がりは右に行きやすいとか、そういう一般的なセオリーのことではなく。地面の角度や芝の長さや向き、湿り具合、風、ライを相殺するのかライ「なり」に打つのかなどを総合して、そこで「自分が打つ場合」の経験のこと。

それにティイングラウンドからの景色とかの経験もね。見た目に惑わされたり、どこに落としたら次が狙いやすいとか、そういう経験。今回のように初めてラウンドするコースで、しかも300ヤード程度の短いホールが連続するようなコースはより注意しなければいけないのに。

400ヤード前後のパー4で構成された普通の長さのコースで、一カ所300ヤード程度のパー4がある時などは「短いってことはどこかに罠があるかも」といつも思ってるのに、300ヤードが連続するコースとなると、急にそういう危機意識がなくなる。何でかねぇ…?

まぁとにかく経験を積んでいくしかない。ある程度連続したラウンドであれば吸収も早いだろう。月イチゴルフではすぐ忘れてまたゼロに近い状態に戻ってしまうけど、それを言っててもしょうがない。今回も良い経験させてもらった。

ということで、また頑張ろう!


posted by シーバ at 21:29 | サンフォレストゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月27日

「サンフォレストGC」の反省(11/26)

スコアは55/56で111という結果。

反省は、特に何にもないなー。

OBがセカンドも含め前半4回、後半5回、それに池ポチャ1回。あと3パットとつまらん4パット、それに精神的な「切れ」がなければ85以下だったということにしておこう。

別に自分が悪い事もなければ良い事も何にもない。それだけ。


コースは良いね。グリーンとスタッフの笑顔が特に良い。全体的に距離が短くて狭いけど。次回はドライバーいらない。アイアン以下のクラブだけでオッケー。

バンカーの砂質は好きだけど砂の量が少なかった。2〜3cm下はすぐ硬い地面のカチカチバンカー。これは嫌いなタイプ…。


あと、朝は寒かった。白かった。

写真撮ったけど、今は載せるのも気分的にめんどくせー(笑)

また今度。


posted by シーバ at 23:40 | サンフォレストゴルフクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月24日

キャディバッグが重いので

キャディバッグのポケットの中身とジャラジャラ引っかけてあるものを全部並べてみたらこうなった。

bag_komono.jpg

クラブ拭きタオル/ナイロン袋2枚/キャディバッグをつつむ袋/ウエイト調整用鉛/ミニタオル2枚/アームウォーマー/指なし手袋/サブのネームプレート/ボール拭き3枚/ミニボールケース/ティホルダー/ウィンドブレーカー/クラブの保証書/スコアカード/サングラス/グローブ9枚/腰に着けるミニポーチ(中身はボール2個/ショートティ数本/ロングティ数本/グリーンフォーク/マーカー)/ボールケース/ボール9個(ラウンド用)/FCTツール/絆創膏/テーピング/予備ボール14個/予備ティ(ロング・ショート)数十本/予備グリーンフォーク/予備マーカー2個/油性ペン

ボールやグローブ、こんなにいらんだろう!
(まぁ、明らかに予備ボールやグローブが多すぎるわな)
ってことで整理整頓。


予備ボールを下ろしただけでもずいぶん軽くなった(いざって時の霧対策用イエローボール3個を残して)。ボールって重いのね。


posted by シーバ at 19:47 | ゴルフグッズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月23日

悪癖修正の意識付け2点ほど

良い練習ができたので、忘れないようにポイントをメモ。

先週の練習で悪癖が再発。ルックアップとテンポが速くなることのふたつ。

わかってはいても、なかなか直らない…。

そんなこんなで今週の『パーゴルフ』を読んでみると、「トミーの真剣ゴルフ塾」の“パー3の心がけ”でルックアップの直し方が紹介されてた。なんとタイムリーな。

ざっくり原因を要約すると…

・パー3は目標がはっきり見える
・目標を見たくてたまらない衝動が起こりやすい
・その目標にちゃんと打てるか不安も湧く
・意識が目標に行きやすい(ショットの結果を早く知りたい)
・結果、目標を見ようと頭が上がる

どうすれば治るかというと…

・目標を見たい誘惑を断ち切る
・見たって見なくたって目標は消えない、と心がける
・ショット前に、頭は残すと自分に言い聞かせる

など、ルックアップのメカニズムと直し方が掲載されててとても参考になった。



あと、これよりも強く印象に残ったのは、9ページに掲載されてる松山英樹くんのインパクトの瞬間の写真。インパクト後の顔の残し方がハンパない! このフォームを再現しようと目に焼き付けた。もうこの写真は額に飾ってトイレとか、毎日目にする場所に貼っておきたいね。

ここにその写真を載せるのは控えるけど、マンガや松山くんの写真の詳しい内容は今週の『パーゴルフ』で。



…で!それらを踏まえて、きょうの練習。


トミーのマンガと松山くんの写真を自分の中でミックスして、ひとつの「意識」を作ってみた。それはインパクト後に右肩があごの下に来たら、その右肩にあごを乗せた状態でそのままフィニッシュへ持っていく…という意識。頭がインパクトより先行して動かないようにするために。

テンポが速いことについては、「イッチニッ」でスイングしてたのを「イチニノサン」に変えた。これも心の中で唱えながらの「意識づけ」。

これらがなんとなくこれがいい感じで、しっかり芯に当たるようになったし、アイアンもググーンと伸びる高弾道になった。

この「意識」が「無意識」で出来るように、最低1カ月は続けてみよう。


posted by シーバ at 23:54 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月18日

ウエイトフロー図

クラブのウエイトフロー図を「番手ごと」で作成していたところ、ツイッターでUさんから「横軸を長さにしたらよりマニアック」とのご指摘をいただき作成!

weightflow111118-3.jpg

(↑別ウインドウで開くと拡大)

なるほど。「番手ごと」より「長さごと」のほうが正確な分布がよくわかるね。この図にしてみると、「番手ごと」では軽すぎると思って、シャフトをN.S.PROからDGに変えたウエッジが、実は重い事が判明。

でもウエッジはあまりフルショットしないクラブなので、少しこのまま様子をみてみよう。振って気持ちよければそれでいいかなーと。


タグ:クラブ重量
posted by シーバ at 18:56 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。