2011年08月30日

ソケット浮いた

アイアンのソケットが浮いた。

クラブのネックとシャフトの繋ぎ目にある、黒い樹脂製(?)のあれ。一般的にソケット(とか「セル」)と言われているもの。

socket.jpg

こんな感じ。

いちばん隙間が空いてるのが写真のもので、約2mmくらい。そのほか0.5mmとか1mmとかスカスカと隙間が空いてて、アイアンセット合計7本中4本も!

クラブは買ってまだ半年ほどのNIKE VR PRO COMBOアイアン。練習は約週イチ、ラウンドもまだ6回ほどしか使ってない。そんなに簡単に浮くもの!?

とにかく、これでは打てないので早速ショップでオペしてもらう事に。

店長に見せると…

「あ〜、浮いてますねぇ。暑さとかの熱で浮くこともあるけど、メーカーさんの取り付けが甘かったんかなぁ。」との事。7本中4本も浮いてたんじゃぁ、僕もそんな気がする。クラブの保管は車のトランクとか高温になる場所には置いてないし…。

さらに続けて店長、「このまま放っておくと折れる事もあるよ」とも。

それは危険!

とりあえす隙間のないクラブも含め、全部預ける事に。で、しばらくして取りに行くと直ってた!さすが。

が…!

「PWもちょっと変な音がするんで、これもバラして新しいソケットつけときました」と店長。PWを地面でトントンすると「ビンビン」と変な音がしたらしい。ということで、こいつはオーバーホールされた。気づいてもらってよかったよかった。

店長いわく、「同じアイアンを購入した他のユーザーさんにも聞いたら、同じような症状があったみたい。やっぱりメーカーさんの取り付けなんかなぁ」と。

うーむ、何か企業体質とか、工場のクオリティとか、もしかしてそういうのがあるのかも…。アイアン自体はとてもよいクラブなんだけどねぇ…。

とにかく直ってよかった。後日、練習場で打ってみても何ともなかったし。これからはソケットにも十分注意しないとね。




posted by シーバ at 18:08 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月29日

カスタムしてみて…

5W・3Wの悩み前編後編の続き。

先日カスタムしたウッドを打ってみた。

まず5W。グリップをコードタイプにしたり下巻きテープを螺旋にした事で、シャフトを含めた堅さは感じられるようになった。バックラインもあるので握りやすい。さらにグリップ下に鉛を貼った事で重さも若干増した。しっかり振っていける感じがする。

もしかして、自前カスタムちょっと効果ありかも!?

あと、ソールにも鉛をペタペタ。

以前から「つかまりすぎ」の傾向があった5Wのソールの、トウ側に約1.5g、ヒール側に0.5g貼った(きっちり量ったわけではなく感覚で)。

確かに左に引っかける心配はなくなったが、逆に、逃げまくるクラブになってしまった…。

試しにトウ側の鉛を1枚(約0.5gほど)剥がしてみた。これでおそらくトウ約1g、ヒール0.5gになったはず。

すると、適度に逃げるけど逃げすぎないクラブになった。しばらくはこれでテストを続けてみよう。しかし、たった0.5gでも微妙に変わるもんだね、弾道って。

(でもやっぱり、5Wの割には飛距離が少し足りない。UTと大差ないという問題は解消されず。打ち方の問題なのかも…)

3Wはと言うと、5Wとは反対で、もっとつかまって欲しいクラブ。なのでヒール側に約1gの鉛をペタペタ。打ってみると、積極的にローテーションしなくても少しつかまり始めたかも!?こちらもこのまましばらくテスト。

とにかく、その日のスイングの調子だけかもしれないので、もっとテストと練習が必要だな〜。理想は3Wも5Wも同じスイングやチカラ感で打っていけるクラブになること。

いろいろカスタムしてみたけど、これが合っているのかどうかはわからない(素人なので)。でもいろいろ試してみると勉強にはなるかもねー。


posted by シーバ at 19:53 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月24日

サビ落とし(キャディバッグの)

キャディバッグの留め具が尋常じゃないくらいサビてたので、ちょこちょこっとサビ落とししてみた。

sabi1.jpg

もうサビが粉吹いちゃってるし…。

sabi2.jpg

とりあえず、紙やすりで擦って、メタルクリーナーで磨いてみる。

sabi3.jpg

つるつるになるバリアスコートでコーティング。

このコート剤は車にもクラブにも塗れる優れもの。ただしフェイスには塗っちゃだめ。ボールが滑ると思うから。それくらいすごい。

sabi4.jpg

こんな仕上がり。まぁまぁかな。

クラブは揃ってるし、欲しくても高くてなかなか買えないので、新しいキャディバッグが欲しくなってきた…。


posted by シーバ at 12:32 | ゴルフグッズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月22日

5W・3Wの悩み(後編)

前編からの続き。

…てことで、道具としてアンダースペックになりつつあり、セッティングバランス的にも浮いちゃってる3W・5Wをどうするか…??いろいろ考えてみて方法は2つにたどりついた。

@新調する
Aカスタムする
 A-1:リシャフトなど本格的なもの
 A-2:グリップ交換など比較的簡単なもの

正直なところずっと「@しか方法はない!」と思っていたけど、お小遣い的に無理…。ではA-1はどうか?でも、それってもしかして@の方が安くつくんじゃないか…?という事でA-2しか結局無理なのである…。でもどうやって?

いろいろ悩んでいると、Twitterでいろんな方からアドバイスいただけたり、ネットで調べたりして少し道が開けてきた。

・グリップを細く(軽く)する
 →振った感じが重いフィーリングになる

・グリップの下巻きテープをらせん巻きに
 →縦巻きよりも堅く感じられる

・グリップを「コード有り」に
 →グリップとシャフトが堅く感じられる

・グリップの下にウエイト
 →全体重量を上げられる

というわけで、さっそく初めて(!)のグリップ交換をする事に。

fwgrip1.jpg

まず道具を用意。ゴルフ5でいろいろ買ってきた。総額4000円ほど。グリップは「GolfPride」のツアーベルベット・コード(51g)。ちなみにバックライン有り。3W・5Wはそんなにフェイスを開いたり閉じたりして打つ事がないのでBL有りの方がいいかなと。(でも初めてのグリップ交換でBL有りは少々無謀だったか!?)

fwgrip2.jpg

これが純正のグリップ。こいつを剥がす。剥がしてみると純正のグリップはテープは縦巻きらしい(製造のスピード化とコストダウンのためだろう)。その下には品番のシールが貼ってあったりして汚かった…。これを溶剤で拭いてきれいにする。

fwgrip3.jpg

テープをらせん巻きにして、グリップ先端部分にウエイトを貼る。おそらく1.5〜2グラムくらい。(量ってないので適当に)

fwgrip4.jpg

装着!自分でやってみるとけっこう簡単だった。この調子で2本目も交換。いちおうBLはまっすぐ入れたつもりだが、はたしてどうだか…。

fwgrip5.jpg

グリップに鉛を貼ったので、バランスをとるためにヘッドにも貼ってみた。5Wはフックを嫌ってトウ寄りに。3Wは積極的にフェイスを返したいのでヒール寄りにしてみた。これは実際に打ってみながらもう少し調整する予定。


そして…

まだ溶剤が乾ききってないが重さを量ってみた。

DR 315
3W 310→320
5W 310→325

ドライバーより重くなり、逆転現象はなくなった!シャフトはヤワなままだが、グリップをコード有りしたりテープをらせん巻きにする事で多少は堅く感じられるはず!?

あとはこれを実際に打ってみて、吉と出るか凶と出るか…それはわからない。でも楽しみだな〜。早くボールを打ってみたい!



posted by シーバ at 12:24 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5W・3Wの悩み(前編)

最近5Wの使い道に悩んでいる。

現在使っているのは、テーラーメイド V-STEEL (08モデル)。シャフトはテーラーメイドオリジナルでフレックスはS。これがちょっと使いづらいなぁと…。

35w.jpg


まずシャフトがヤワに感じる事。

昨年ドライバーを買い換えてシャフトが60g台のXになった。それによってオリジナルシャフトのSは少し弱い感じ。今年UTも買い換えてシャフトがカーボンではなくNS950スチールのSになった事もこれに関係していると思う。


続いて飛距離と方向性。

5Wの飛距離は当たりがよくて230y、悪くて180y。その差50y。ちょっとミスの幅がありすぎる。方向性もシャフトのせいか左右に散らばる傾向で、フックもスライスも出る。パー5の2打目とかで使いづらい。

比べて、UTはと言うと、当たりが良くても悪くてもほぼ190〜210yの間で飛距離の差が少ない。スチールシャフトも手伝ってか、方向性も5Wに比べるとかなり良い。

こうなると、あまり5Wの出番がなくて、実際に最近のラウンドでも使ってない。シャフトに関しては3Wも同じ事が言える。これも最近のラウンドでは使ってない。


そして重さ。

キッチン用のはかりが1メモリ20グラム単位なので正確ではないが、ひとつの目安としての重さをはかってみた。

DR 315g
3W 310g(!)
5W 310g(!)
UT 380g
4I 390g
5I 400g
6I 410g
7I 420g
8I 430g
9I 430g
PW 440g
52 NSPRO440g→DG450g
58 NSPRO440g→DG460g

ドライバーからSWにかけてだんだん重くなるというクラブの流れのセオリーを無視して、ドライバーよりも5W・3Wの方が軽いという逆転現象がおきてしまってる。(…あと、SWも若干軽かったので、DGシャフトを刺してる同じヘッドのクラブに変更した)


つまり、ドライバーやアイアンは自分に合ったものに買い換えてきたが、FWのスペックだけが昔のセッティングのまんま、という状態になっていた…っていう事に気づいた(いまさら)。


(つづく)


posted by シーバ at 01:02 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月18日

「岡山CC桃」の反省(7/31)後編

前編からの続き

午前中を50で折り返し、さて後半。

自分のスタッツを見ても、後半の方がスコアが悪い。なのでスタートが大事と思ったらいきなりOB…。ここから悪夢が始まる。

[以下内訳]

1打目:
ティショットOB

4打目:
プレ4を「どダフり」してグリーンに届かず

5打目:
52°ウエッジで80ヤード打ったら強すぎてグリーン奥のバンカーにIN

6打目:
すんごい目玉からかき出すのが精一杯。グリーン手前のバンカーへIN

7打目:
普通にエクスプロージョンしたらなんと!砂が少なく「カチカチバンカー」だった!トップしてグリーン右のバンカーにIN(泣)

8打目:
やっとまともなライのバンカーから出して…

9〜11打目:
スリーパットで11打…。


と、言う事で、2番ホールからはドライバーを封印。ティショットはUTで打つ事に。

そしたら後半はスコアがまとまりはじめて…

後半は、+7□△○−△△−□(49)
(3番パー5はドライバーを使ってしまってやはりOB…でもボギー)

ジェットコースターのようなゴルフを展開しながらも、なんとか100切れた…(よかった)。そして楽しかった。楽しいのがいちばん!


さてさて。

コース状態はとてもきれい。ただ「カチカチバンカー」があったように、ちょっと砂の少ないバンカーもあったかな? 全体的にアップダウンがあり、INの方がやや難しい印象。両サイドは林があり狭く見えるホールも多かったかも…?

ティショットにUTが有効だったのは収穫だけど、ほんとドライバーは波ありすぎ…。もっと本番で曲げない打ち方を覚えないと…。

それにしても今回、Twitterで知り合ったOさん、Nさん、Tさん、Yさんに感謝感謝。

ぜひまたご一緒したいですね!

110731_2.jpg

ラウンド後のかき氷もおいしかった!


posted by シーバ at 19:55 | 岡山カントリークラブ 桃の郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「岡山CC桃」の反省(7/31)前編

Twitter上で知り合い、交流のあったOさんと「今度行きましょう!」って事になりラウンドが実現。

(ちょっとバタバタしてて7/31の事をいまさらアップ…)

メンバーはOさん、Nさん、同じ会社のKさん。あとキャディさんはOさん繋がりでTさんと研修中のYさんという楽しそうなメンバー。会場は初めてのラウンドとなる「岡山カントリークラブ 桃の郷コース」に決定。

110731_1.jpg

いざ、INからスタート。

スタートホールの10番から、さい先良くパー発進。パー発進なんていつぶり!? 続く11番、12番をボギーでまとめまずまず。

ところが、13番155ヤードパー3を7アイアンで「どダフり」してWH…。ドロップゾーンからピンまで40yをトップしてグリーンオーバー…。なんじゃかんじゃでここトリプル…。

気を取り直して14番をボギーとするも、15番でなんとドライバーOB「2発」!! このホール9打…。


何となくここから暗雲立ちこめる…。


16番、17番はパーボギーで切り抜けるも、18番でふたたび(みたび)OB…。このホール7打でトリ。

やばいやばい…。

(続く)


posted by シーバ at 12:07 | 岡山カントリークラブ 桃の郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。