2010年07月20日

ニュードライバー!

オーダーしてたニュードライバーをついにゲット!

R9sperdeep100717

HEAD:TaylorMade R9 SUTERDEEP TP 9.5
SHAFT:Fujikura Motore Speeder VC6.1 X

うれしいね〜♪

早速、日曜と月祝に練習開始。

いままでのTOUR BURNERとの明らかな違いは、低弾道だという事。BURNERがググーンと反り返るような弾道だったのに対し、SPERDEEPはボヨーンとした山なり弾道。

シャフトもXにして硬くなったので、最初はなかなか馴れるまでにちょっと戸惑ったけど、さすがにXはしっかり叩けるね!振り遅れたりこすったりさえしなければ、右に行くことはない。

この低弾道&ストレート弾道はちょっと感動だ。

ということで、1日目は体に馴らすだけで終了。球数は300球のうち150球はドラーバーを打ったかな?

2日目はもう少し強く叩いてみたら、何球目かにライナーに近い弾道でK点(250y)越えを記録(260yくらい)。芯を食えば飛距離も出るクラブだねこれは。そうは言ってもそんなしょっちゅうベストヒットは出ないけど。

で、せっかくFCTがあるので、ヘッドを「N」から「NU」にチェンジ。最初はちょっと違和感あったけど、馴れてくると「NU」の方がつかまり感があっていい感じかも。

まぁ、2回だけの練習ではまだまだしっかり理解しきれてないので、とにかくもっと振りまくって、体になじませないといけないね。



posted by シーバ at 23:57 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「東児が丘」の反省(7/16)

石川遼くんツアー初優勝の地、「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」でプレーしてきた。

ここは基本的にメンバーの紹介がなくてはプレーできないところだけど、オープンコンペならひとりでも参加可ということで、ヨネックスのコンペに参加してみた。

コースは始めてプレーしたけど、KSBカップの観戦で18ホールを2周ほどギャラリースペースを歩いた事がある。だから今回もプレーしながら、コースレイアウトは何となく思い出せたのがよかったね。

プレー自体は、「初めての東児が丘」を楽しみにしてたということもあって、1打1打集中できた。1番ホールから3連続パーの好スタート。4番でOB打ってトリプルだけど、前半は44とまずまずの折り返し。

後半はなかなか良いスコアが出なかったけど、どうにか50だけは打たないペースで進行。INコースは左ドッグレッグが多い。スライサーには厳しいね、あと、もしやり直せるとするなら、17番のハニカミホールと18番最終ホールだな。

17番は奥の「ハニカミバンカー」じゃなく、グリーン手前の、自分の身長よりアゴが高い「壁にしか見えないバンカー」につかまってしまった。ティショットでピンを狙い過ぎたね。(ちなみにピン位置はどのホールも「最終日」と同じ)

18番はセカンドでグリーン付近を狙ってしまい池ポチャ…でダボ。無難に攻めてたらパーは獲れたのに。

結局後半49でトータル93。なんとかシーズンベスト。ここからスタートの気分だね。

ちなみに、現行ドライバー「BURNER」ではいちおう最後のプレー。次からはニュードライバーの「R9SUPERDEEP」だなー。楽しみ。

posted by シーバ at 00:29 | 東児が丘マリンヒルズGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月17日

「東児が丘」のスタッツ(7/16)

「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」のスタッツ。

徐々に調子が出てきたっぽい。

GDOハンデは27のまんまだけど、これから巻き返すよ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎生涯通算ラウンド数33回目
*東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ
*2010年7月16日

*フロント(青ティ)/キャディ付き
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎コンディション
*天気…くもりのち晴れ・弱〜中風
*コース…超きれい・ラフは前日までの雨で強い
*グリーン…柔らかい・きれい・水を含んで重い
*バンカー…粒子は中くらい、やや水含みがち
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎スタッツ
★ストローク…93(OUT43(17)&IN49(21))
★FWキープ率…35.71%(5/14)
★パーオン率…38.89%(7/18)
★ボギーオン率…77.78%(14/18)
★平均パット数(PO時)…2.29(16/7)
★平均パット数(18H)…2.11(38/18)
★クリーンヒット時のDR飛距離(目測)…275
 (278y・282y・265/計測3回)
★OB発生率…5.56%(1/18)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*BIRDIE………0
*PAR………7
*BOGEY………5

*D.BOGEY………2
*Other………4
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎2010年平均(計7ラウンド)
☆ストローク…105.3(737/7)

 [ベスト93/ワースト118)
☆FWキープ率…26.53%(26/98)
 [ベスト35.71%/ワースト7.14%]
☆パーオン率…19.84%(25/126)
 [ベスト38.89%/ワースト5.56%]
☆ボギーオン率…46.82%(59/126)
 [ベスト77.78%/ワースト22.22%]
☆平均パット数(PO時)…2.28(57/25)
 [ベスト1.50/ワースト3.00]
☆平均パット数(18H)…2.06(259/126)
 [ベスト1.83/ワースト2.29]
☆平均OB発生率…28.57%(36/126)
 [ベスト5.56%/ワースト50.00%]
☆クリーンヒット時のDR平均飛距離…約275y
 (計測トータル4682y/計測17回)
☆GDOハンディキャップ…27
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆1R当たりのストローク率(トータル個数)
*BIRDIE………0.14(1)
*PAR………3.9(27)
*BOGEY………4.4(31)
*D.BOGEY………3.6(25)
*Other………6.0(42)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

posted by シーバ at 14:53 | スタッツ2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月12日

てゆうか、マニフェスト破り

きょうは夜練習200球。ドライバーは50球くらいかな?なかなかいい感じでしたね。

その練習の前の夕方に、ゴルフショップでまたまたドライバーを試打。

そして…ついに注文してしまった…!

「R9 SUPERDEEP TP」!

R9superdeeptp

てゆうか、もう試打の時点で買う気マンマン…。なんていうか、ノリというか、勢いというか。でも、次のステージに一歩踏み出す時ってそういうの大事だ。ちなみにヘッドのロフトは9.5度(8.5度と迷ったけど)。

シャフトは「Fujikura Motore Speeder VC6.1」でフレックスはX。7.1と迷ったけど、フレックスをXにしたので、Xと7の組み合わせだと重すぎるかな〜と思ったので6に。

Motorespeedervc1

まぁ、何じゃかんじゃで、R9の超ディープなフェイスに惚れてしまったのだ。前回の試打の時点で惚れてまうやろ状態だったのだ。あれだけ「欲しいけど買わない」なんて言ってたのにねー(汗)。

えーっと、まぁせっかくなんで買った動機を記しておこう…。

まず、ドライバーはヘッドがディープフェイスなので、吹け上がりしにくい。弾道が高過ぎて低く抑えたい僕にはぴったりだ。ヘッドの角度調整も効くので、その日の体調とかでも変えられるしね。

見た目も丸くて「小顔」。ぱっと見上級者向けっぽいけど、ぼくはこの方がコントロールしやすそうで好きだな。そして何より「TP」のロゴがその気にさせるね!

シャフトは中弾道・低スピンで「しっかり叩ける系」のVC.1。フレックスもいままでより硬いXで、重量も若干重め。方向と飛距離も出せそうだ。

ちなみに、まだ注文だけなんで手元にはない。早く来ないかなー。これからは、このクラブとシャフトが僕の弱点を見事に補ってくれるはず!?

コースで最初に使うのは8月の会社コンペになるかなー??

posted by シーバ at 01:42 | ゴルフギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月07日

ドライバーでドローはまだまだ

いきなり土曜日の練習の話に戻ると、300球のうちの150球はドライバー打ち。

ノーマルスイングだとスライス系の僕がドローを打つには、そうとう意識した打ち方を取り入れないといけない。「ちょっとドローを打ってみよ」くらいの気持ちじゃなかなかドローにならないね。「絶対ドローを打つんだ!」くらいじゃないと。

まず、スタンスはほんの少しクローズ気味に。飛球のイメージは、勇気を持って右方向へ打ちだすイメージで。

あとはテイクバックの動きだしの部分が大事だ。まっすぐ引くんじゃなくて、少し弧を描きながらインサイドに引くイメージ。

こうすると、右脇も締まりやすく、右肩が後ろまで回しやすい。ってことは、インサイドアウトに振る準備が完了するってことだね。

ここまでできたら、切り返しから左サイドを軸に右肩&右腕を「振るスイング」するだけ。

「するだけ」なんて言ってみたものの、スライサーのスイングはそうすぐには抜けないね。

posted by シーバ at 00:45 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月06日

お次は…

次のラウンド予定は、あの名門中の名門コース、「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」。石川遼Pがツアー初優勝を飾ったところだ。

ラウンドすると言っても、もちろんメンバーな訳ないので、誰でも参加できるオープンコンペで。

「東児が丘」ではもちろんプレーしたことはないけど、08年のKSBカップの観戦で、2周くらいコースを歩いた事がある(もちろんギャラリーエリアだけど)。だから行けば何となく思い出すかもしれないね。

「和気」のような手つかずの大自然コースも、「霞橋」のような歴史あるリンクスコースも、外資系コースもいろいろ経験したけど、こういう名門コースもたまには回らせていただかないとね。

しかもオープンコンペなんて始めてだ。いったいどんな感じなんだろう…。

posted by シーバ at 00:43 | 東児が丘マリンヒルズGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月01日

ティは低めの、振りは速め。

Teehikume

ドライバーのティの高さを、ボールがヘッドの高さと同じくらいになるようにセット。

こうすると、インパクトではフェイスの下の方に当たり、その衝撃でロフトが若干だけ立つような気がする。ロフトが立つってことは、低い球が打てる。

ただし、ティが低いからって上から打ちこんだら、バックスピンで吹け上がって逆効果だけどね。だからレベルで払い打つように意識しないといけないね。

今まではティは高めにして、スピン量が減ると言われているフェイスの上部で当てるようにしてたけど、これだど反対に、衝撃でロフトが寝る感じがするんだよね。ロフトが寝るってことは高いボールになるのだ。

あと、これからの課題は「フルスイング」じゃなくて「振るスイング」。トップからダウンに入ったら、左サイドを軸にして、右腕と右肩を一気にグルンッ!と素早く回転させることが大事だ。

posted by シーバ at 00:02 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。