2009年07月05日

必殺技?

最近、ドライバーをチェックしながら覚えた必殺技は、「スーパー・ミラクル・ドライバーショット(仮)」。とにかく飛距離だけ最重視で方向は完全無視の、もろ刃の剣的な打ち方だ。

【打ち方】

@グリップはギリギリまで長く握る。

Aスタンスは肩幅よりちょっと広め。

Bスイングアークを大きくとって、体重移動もちょっと大げさに。そして、思い切りよく打っていく。

飛距離は……練習場ではよくわかんない…。でも、うまいこと風に乗ったらキャリーで280〜290ヤードくらい飛ぶんじゃないかって雰囲気はある(雰囲気だけかも…)。ただ、まっすぐ飛ぶ確率は非常〜に悪い。

だから本番のコースではまず使わない。使うとしたら…

【条件】

@フェアウエイが広く、ホールロケーションが良い。

A天気は晴れ。風はできればフォロー、もしくは無風に近い感じ。

Bその日のドライバーが調子いい。

C最近いいことがあったか何かでハイテンション。

D奇跡を信じる。

この5つの条件が全部そろわないとコースでは打たない。…と思う、たぶん。



posted by シーバ at 22:57 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンブローのチェック

きょうは奥さんと、というか、家族みんなで練習場へ。

奥さんはどうも、「すくい打ち」の傾向がある。すくい打ちはトップしたりダフったりで、あまりいいことないように思うからねー。

なのでダウンブローの打ち方を教えてみた。僕もゴルフを始めた当初はダウンブローなんて理解不能だったっけ…。

とりあえず、いろいろ教えたところで、ちょっと視覚的にチェックできるものを作ってみた。

@3cmほどの長さのテーピングを用意。

Aそれを、セットしたボールの1cm先くらいから飛球線上に向けてマットに貼る。

Bそれでボールを打ってみる。

これで、テーピングが取れなければすくい打ちかトップ打ち。テーピングがマットの上で「クシャ」ってなったらダフり。

テーピングが剥がれて、クラブヘッドに張り付いていたらダウンブローのはず(一概には言えないけど)。

奥さんはなかなかすんなりと剥がせないみたいだ…。まぁ、僕が理解不能だったことを人に教えるのは難しいね…。

ちなみに僕ははがせた。ちょっとダウンブローっぽいスイングが出来てきたのかもしれないね。

posted by シーバ at 22:31 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。