2009年07月09日

全米女子オープン

もうすぐ全米女子オープン。放送時間が朝早いから、仕事から帰って録画したのをゆっくり観よう。男子ので早起きは懲りた…。

とにかく最近の女子は韓国勢強すぎ。出場してる日本人選手では、宮里藍ちゃんに頑張ってほしい。そんな藍ちゃんは、ベテランのカーリー・ウェブと同組みたいだ。

他の組ではなんと、ポーラ・クリーマーロレーナ・オチョアキム・インキョンという豪華な組み合わせも! 予選からいきなりすごいね。

インキョンはBSでやってた水巻さんのレッスン番組に出てたから、なんか一方的に親しみを感じるね〜。



posted by シーバ at 00:32 | プロゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月07日

タイガーのコースマネジメント?

先週タイガーが優勝した「AT&Tナショナル」。タイガーはここのコースの11番が鬼門で、3日間が終了した時点で、ボギー・ボギー・ダボと4ストロークもオーバーしてる。

そんなタイガー、記者会見か何かで、「最終日11番はどう攻略する?」と聞かれ…

「ティショットをウエッジ、2打目はショートウッド、3打目をショートアイアンで(笑)」

…と言ったらしい。もちろん冗談だけどね。結局最終日も、ドライバーショットが右のクリークにつかまり、ボギーを叩いてしまったけど…。

タイガーでさえ冗談とはいえ、「ティショットをウエッジで…」なんて考えるんだから、アマチュアはなおさらティショットを何で打つか、慎重に考えた方がいいかもねー。

まぁウエッジは極端だけど、ミドルアイアンで打つなんてのは全然ありだ。

でも、タイガーの場合、PWでも160ヤードは飛ばすかもしれない…。

posted by シーバ at 22:23 | コースマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世間はSALE中

こないだの日曜日に、久しぶりにウエアとかいろいろゴルフグッズを買ってみた。

090705kaimono

速乾性のシャツ2枚は、好きな紺色とさわやかな白。汗っかきだからね〜、速乾性は大事。

バッグは大きめのトート。紺とピンクのカラーリングが、今使ってるキャディバッグに近いから合いそう。

今までは、@中くらいのボストンに、Aシューズ入れに、B通称「お母さんグッズ」と呼ばれている、ラウンド中のおやつ入れバッグ。それにCキャディバッグを抱えた僕。

こないだそれを見た女性2人に、「大荷物ですね!?」って言われてしまった…。たしかに…(笑)

なので、全部一緒に入れてしまえそうな大きめバッグにしてみた。

ベルトは義父に「100切り祝いで何か買ってくればええよ」とのことで。うれしいねー。バックルのでかさに惹かれてお買い上げ。アンソニー・キムみたいだ。ラウンドでも普段でも使えそう。

買い物って気持ちいいなぁ〜。セール最高〜♪

posted by シーバ at 21:58 | ゴルフグッズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月05日

必殺技?

最近、ドライバーをチェックしながら覚えた必殺技は、「スーパー・ミラクル・ドライバーショット(仮)」。とにかく飛距離だけ最重視で方向は完全無視の、もろ刃の剣的な打ち方だ。

【打ち方】

@グリップはギリギリまで長く握る。

Aスタンスは肩幅よりちょっと広め。

Bスイングアークを大きくとって、体重移動もちょっと大げさに。そして、思い切りよく打っていく。

飛距離は……練習場ではよくわかんない…。でも、うまいこと風に乗ったらキャリーで280〜290ヤードくらい飛ぶんじゃないかって雰囲気はある(雰囲気だけかも…)。ただ、まっすぐ飛ぶ確率は非常〜に悪い。

だから本番のコースではまず使わない。使うとしたら…

【条件】

@フェアウエイが広く、ホールロケーションが良い。

A天気は晴れ。風はできればフォロー、もしくは無風に近い感じ。

Bその日のドライバーが調子いい。

C最近いいことがあったか何かでハイテンション。

D奇跡を信じる。

この5つの条件が全部そろわないとコースでは打たない。…と思う、たぶん。

posted by シーバ at 22:57 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンブローのチェック

きょうは奥さんと、というか、家族みんなで練習場へ。

奥さんはどうも、「すくい打ち」の傾向がある。すくい打ちはトップしたりダフったりで、あまりいいことないように思うからねー。

なのでダウンブローの打ち方を教えてみた。僕もゴルフを始めた当初はダウンブローなんて理解不能だったっけ…。

とりあえず、いろいろ教えたところで、ちょっと視覚的にチェックできるものを作ってみた。

@3cmほどの長さのテーピングを用意。

Aそれを、セットしたボールの1cm先くらいから飛球線上に向けてマットに貼る。

Bそれでボールを打ってみる。

これで、テーピングが取れなければすくい打ちかトップ打ち。テーピングがマットの上で「クシャ」ってなったらダフり。

テーピングが剥がれて、クラブヘッドに張り付いていたらダウンブローのはず(一概には言えないけど)。

奥さんはなかなかすんなりと剥がせないみたいだ…。まぁ、僕が理解不能だったことを人に教えるのは難しいね…。

ちなみに僕ははがせた。ちょっとダウンブローっぽいスイングが出来てきたのかもしれないね。

posted by シーバ at 22:31 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月04日

変な練習

きょうはいつもの練習にちょっと変化をつけるために、変な練習をしてみた。

ドライバーを打つくらいティアップを高くして5Iで打つ練習。

この打ち方だと、ちゃんとフェースの芯で捉えないと…手が痛い! スクエアに当てないと曲がる! すくい打ちやあおり打ちだと吹け上がる! ダフりは力なく上がって、トップだと超低空飛行だ…。

芯で捉える事とダウンブローを要求する、超〜厳しい練習だ。あまりに厳しすぎるので数球打ってやめた。

でも、これでナイスショットが常に打てるようになれば、ショットも良くなるかも。でもあまり意味無い練習かも…。

まぁ、今度からちょっとずつやってみようかな。気が向いたら…。

posted by シーバ at 22:05 | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DRちょっと復調 そのA

…で、「スライド打法」でドライバーを打つときに、昔からイメージしてることは「透明のトンネルとか筒みたいなもの」

ダウンスイングしてきて、クラブヘッドが地面に近づいたあたりから、ヘッドがほぼスクエアに近い感じで透明のトンネルに入ってくるイメージ。

トンネルの大きさはヘッドがすっぽり入るくらいで、幅は体重がスライドする分の約20cmくらい。それで、トンネルの出口にボールがある感じだね。

この20cmの間は、完全なレベルブロー。ヘッドはスクエアを保ったままトンネルを通すつもりで、ボールに当てようとするんじゃなく、トンネルの出口にたまたまボールがある感じだ。

「その場でスイング打法」だとこのトンネルがまったく無い状態だから、インパクトが「点」になってしまう。

でも「スライド打法」だと、インパクトが「線とかゾーン」になるからスクエアの時間が長い。だからまっすぐ飛ばせて「引っかけ」も防げるはず…。

今度からこの「スライド打法」を復活させてみよう。

それでも若干左へ曲がる時があるけど、たぶん昔よりチカラとスピードが増して、シャフトが「S」じゃ収まらないのかも…。

R9を試打したときも、スタッフに「もっと硬くてもいいですよ」って言われたしなぁ。まぁドライバーを買い換えるにも高いし、今のクラブが気に入ってるからいいけどね〜。

posted by シーバ at 21:04 | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。