2009年01月23日

距離感

親指はまだ不完全…。もうちょっと。なので今はひたすらパター練習。

最近パターを構えるときは、足の向きをスクエアにして肩幅に開き、クラブは体のセンターに。なのでボールの位置は、センターよりボール1個分くらい左。自分がいちばん気持ちがいいと思う「基準」のテークバックの感覚は、右足のセンターくらいまでパターフェイスを引いたとき。

でもパターって、テークバック幅で距離を調節するのか、スイングスピードで距離を調節するのか、どっちなんだろう…? 今田竜二の本には、フォロースルーの取り方で距離を調節すると書いてあった。う〜ん、いろいろあって悩む…。結局は感覚か!?

…で最近思いついた、僕のような超初心者向けの人の為の、距離感を養う練習方法。

それは、コースの練習グリーンなどで、2人組でボールをころがし合う練習。そしたら距離感が養えそうな気がする。野球のキャッチボールやサッカーのパス交換と同じ要領で。

カップがあると、どうしても「入れたい」と考えすぎてしまう。でも人だとターゲットがぼんやりするので、肩にちからが入らないかも。あと、人のパッティングも見ることができたり、競争意識的なほどよい緊張感も生まれていいかもねー。

ただし、もちろんひとりじゃできない練習だけど…。



posted by シーバ at 00:06 | Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。